ホーム > くらし・手続き > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

ここから本文です。

更新日:2017年11月29日

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

logo

マイナンバーキャラクター マイナちゃん

【最新情報】マイナンバーカードの申請をお手伝いします

  • オンライン申請の補助と顔写真の撮影サービスを始めました。詳しくは こちら をご覧ください。

マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意!!

マイナンバー制度とは?

  • 市民の皆さん一人ひとりが1つの番号(マイナンバー)を持ち、これを利活用することにより、社会保障・税・災害対策の分野で効率化や利便化を図るとともに、透明性の高い公平・公正な社会の実現を目指す制度です。

▼マイナンバー … 12桁の数字で、原則として生涯変更できません。

マイナンバー制度の効果は?

  • 市役所窓口でのさまざまな申請の際に書類の添付が省略されるなど、手続の簡素化により利便性が向上し、市民の方の負担が軽減されます。
  • 所得や行政サービスの受給状況がより正確に把握しやすくなり、真に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになると同時に、不当に負担を免れたり不正に給付を受けたりすることを防止します。
  • 行政機関内での情報連携が円滑になり、作業の無駄や事務処理ミスが削減されます。

▼情報連携とは?

行政機関の間で専用回線を通してそれぞれ管理している個人情報をやりとりして、相互に活用する仕組みです。

連携時はマイナンバーを使いません。

マイナンバーの通知方法は?

  • 平成27年10月から11月にかけて、全国すべての国民にマイナンバーを通知するカード(通知カード)が配達されました。

▼通知カード … 氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバーが記載されていますが、顔写真は貼付されないため身分証明書としては使えません。マイナンバーを窓口で利用する際は、本人であることを確認するため、通知カードとともに運転免許証などの身分証明書が別に必要です。

  • 下松市内の配達は平成27年11月16日(月)から始まり、平成27年12月1日(火)で完了しました。

もしまだ、郵便局の訪問が一度もない、または不在連絡票が郵便受けに投函されていない場合は、下記のマイナンバー総合フリーダイヤルか市役所市民課(電話番号:0833-45-1822)までお問い合わせください。

【日本語】 0120-95-0178

【英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語】 0120-0178-27

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、 050-3818-1250 におかけください。

  • 通知カードの配達先は住民票の住所になりますので、現在のお住まいと住民票の住所が異なる場合は、現在のお住まいに住民票を異動されるようお願いします。

通知カードの配達時、不在等で受け取れなかった場合は?

  • 不在連絡票が投函されますので、ご自宅や勤務先へ再配達してもらうか郵便局窓口でお受け取りになるか、郵便局にご連絡ください。ただし、郵便局での保管期間は1週間です。
  • 1週間を過ぎても郵便局で受け取られなかった通知カードは市役所市民課に戻ってきますので、市民課でお受け取りください。
  • 市民課窓口で受け取られる際は、まずは通知カードが市民課に戻っているかを電話(電話番号:0833-45-1822)でご確認のうえ、以下の必要書類をそろえてお越しください。

▼本人または同一世帯員の方がお越しの場合

①窓口にお越しの方の身元確認書類

▼任意代理人がお越しの場合

①委任者の身元確認書類

②代理人の身元確認書類

③委任状 《 委任状様式(PDF:98KB 》

▼法定代理人がお越しの場合

①委任者の身元確認書類

②代理人の身元確認書類

③戸籍謄本(ただし、本籍地が下松市であれば不要)または登記事項証明書

【身元確認書類とは】

運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・障害者手帳など顔写真付きのものであればいずれか1点、健康保険証・年金証書・年金手帳・介護保険被保険者証・学生手帳・などであればいずれか2点

  • 市民課に戻ってきた通知カードは平成29年1月以降、順次廃棄処分されます。処分された通知カードの再交付には500円の再交付手数料と数日間の日数を要しますのでご注意ください。

通知カードを受け取った後は?

  • 通知カードをお届けする際、マイナンバーカードの申請書が同封されています。マイナンバーカードを取得するかどうかは任意です。マイナンバーカードを希望される場合は、顔写真を貼付して申請書を返送してください。平成28年1月から、順次無料でマイナンバーカードを交付しています。

▼マイナンバーカード … 氏名・住所・生年月日・性別の記載があり顔写真も貼付されているので、一般的な身分証明書として使えます。こちらの 「身分証明書としての取扱いについて」(PDF:1,205KB) をご覧ください。

 また、カード裏面のICチップの機能を使ってe-Taxなどオンライン申請にも利用することができます。

  •  マイナンバーは今後、社会保障や税の手続で必要となります。また、マイナンバーカードの受渡しは通知カードと引き換えになりますので、通知カードは失くさないよう大切に保管しておいてください。

マイナンバーカードの申請方法・受取方法は?

1階市民課窓口にタブレット端末を新たに置き、これを利用してオンラインで申請できるようになりました。また、このときに必要な顔写真を職員が撮影するサービスも行っております。

「オンラインで申請したいけどパソコンやスマートフォンを持っていない」「画面の操作方法がよく分からない」「顔写真を撮りに写真店まで行く暇がない」などの理由でこれまで申請されなかった方は、どうぞご利用ください。

▼タブレット端末を職員が一緒に操作して申請完了までご案内します。

▼顔写真の撮影は無料です。

▼顔写真はタブレット端末で撮影するため、画質は写真店等で撮影したものに比べて劣ります。ご了承ください。

▼予約は不要ですので、市役所にお越しの際はぜひ市民課にお立ち寄りください。

▼所要時間は30分程度です。ただし、窓口の混雑状況や回線の疎通状態によってはお待ちいただく場合があります。

▼受付時間や持参するものは 広報潮騒 平成29年12月号(JPG:325KB) をご覧ください。

▼ご不明な点は市民課(電話番号:0833-45-1822)までお問い合わせください。

マイナンバーは、どのような場面で使うの?

  • 平成28年1月から、介護保険・雇用保険・医療保険・児童手当の申請や確定申告など、社会保障・税・災害対策の分野において法令で定められた行政手続(法定事務)に限ってマイナンバーを提示することになっています(マイナンバー法第9条第1項)。また、行政手続の一環として事業主や銀行・保険会社・証券会社からもマイナンバーの提示を求められることがあります。
  • 上記法定事務以外にも、マイナンバー法第9条第2項に基づく条例で定められた行政手続(独自利用事務)においてもマイナンバーを提示することになっています。
  • 条例で定められた下松市の独自利用事務は次のとおりです。

▼ひとり親家庭医療費助成

▼乳幼児医療助成

▼子ども医療費助成

▼重度心身障害者医療費助成

【独自利用事務の情報連携】

独自利用事務のうち、個人情報保護委員会に届け出て承認を受けたものについては、情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号及び個人情報保護委員会規則第4条第1項)

この情報連携について、下松市では下記一覧のとおり個人情報保護委員会の承認を受けています。

執行機関

届出番号

独自利用事務の名称

届出書

根 拠 規 範

市長

1

下松市ひとり親家庭医療費助成要綱による医療費助成に関する事務であって市長が指定するもの

届出書1

下松市ひとり親家庭医療費助成要綱

市長

2

下松市乳幼児医療費助成要綱による医療費助成に関する事務であって市長が指定するもの

届出書2

下松市乳幼児医療費助成要綱

市長

3

下松市子ども医療費医療費助成要綱による医療費助成に関する事務であって市長が指定するもの

届出書3

下松市子ども医療費医療費助成要綱

市長

4

下松市重度心身障害者医療費助成要綱による医療費助成に関する事務であって市長が指定するもの

届出書4

下松市重度心身障害者医療費助成要綱

 

 マイナンバーは、どのように使うの?

  • マイナンバー制度では成りすましを防ぐため、窓口での手続きに当たって、正しい番号であることと正しい持ち主であることをしっかり確認するよう法令で定められています。このため、マイナンバーが必要な手続のために窓口にお越しの際は、以下の番号確認書類と身元確認書類をご持参ください。

▼番号確認書類 … マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載の住民票の写しのうちいずれか。 内閣府資料(PDF:1,114KB) をご覧ください。

▼身元確認書類 … 身元確認書類一覧(PDF:121KB) をご覧ください。

「マイナポータル」で、もっとつながろう!

  • 「マイナポータル」とは、何でしょう?

    ▼政府が中心となり運営するオンラインサービスで、あなたのための窓口です。

    ▼平成29年マイナポータルは7月から試行運用開始、秋頃から本格稼働します。ただし③~⑤については、サービス開始時期は未定です。
     
     ①「あなたの情報」の確認ができます。
     ②「マイナンバー付きの個人情報をやりとりした記録」の確認できます。
     ③「市からのお知らせ」が届きます。
     ④「電子申請(ワンストップサービス)」ができます。
     ⑤「公共料金が通知され、決済」ができます。

  • マイナポータルを利用するためには、どうすればいいでしょう?

    ▼ご用意していただくものがあります。

     ①「マイナンバーカード」を作ります。
     ②マイナンバーカードを読み取る「ICカードリーダライタ」など用意します。
     ③ICカードリーダライタを接続する「パソコン」が必要です。
     ④マイナンバーカードに記録された電子証明書を利用するためのソフトをダウンロードする必要があります。

  • マイナポータルのアカウント開設や利用は、「マイナポータルのウェブサイト」で行うことができます。
    詳しくは下記リンク先でご確認ください。

マイナポータルとは

(外部サイトへリンク) 

個人情報の保護は大丈夫か?

  • マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の3分野での手続を除き、他人に提供したり提示を求めたりすることはできません。他人のマイナンバーを不正に入手したり保管したりする行為は処罰の対象となります。
  • 市がマイナンバーを含む個人情報を利用・保管する際はプライバシーへの影響やリスクを予測・分析し、リスク対策を事前評価し公表します(特定個人情報保護評価)。下松市特定個人情報保護評価書は こちらのページ をご覧ください。
  • マイナンバーカードには所得情報や病歴などプライバシー性の高い個人情報は記録されないため、カード1枚からすべての個人情報が漏れることはありません。
  • 個人情報保護委員会では、特定個人情報の取扱いに関する苦情のお申出についての必要なあっせんを行うため、電話による苦情あっせん相談窓口を設置しています。特定個人情報に関してご相談や苦情をお持ちの方は、こちらの個人情報保護委員会のページ(外部サイトへリンク) をご覧ください。

 マイナンバーカードを紛失したときや盗難されたときは?

  •  悪用されることを防ぐため、直ちに以下のコールセンターに連絡し、機能の一時停止を行ってください。

 マイナンバー総合フリーダイヤル…0120-95-0178(無料。24時間365日対応)

 なお、機能を一時停止した後に紛失したカードが見つかった場合は、市民課窓口で一時停止に解除が行えます。

事業者の方へ

よくあるお問い合わせ

お問い合わせ連絡先

ご不明な点は、国のマイナンバー総合フリーダイヤルへお問い合わせください。

【日本語】

0120-95-0178(無料)

【英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語】

マイナンバー制度に関すること … 0120-0178-26(無料)

▼通知カード・マイナンバーカードに関すること … 0120-0178-27(無料)

平日:9時30分から20時00分まで

土日祝:9時30分から17時30分まで

※年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。

※紛失や盗難の場合のご連絡は24時間365日対応です。

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、下記におかけください(ただし有料)。

▼マイナンバー制度に関すること … 050-3816-9405

▼通知カード・マイナンバーカードに関すること … 050-3818-1250

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:番号制度推進室番号制度推進係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1755

ページの先頭へ戻る