ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 地籍調査課 > 街区基準点の維持管理について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

地籍調査課

街区基準点の維持管理について

街区基準点とは?

 国土交通省が設置した街区基準点は、平成20年4月1日下松市に移管され、測量標の保全と成果の利活用については、「下松市街区基準点管理保全要綱(PDF:816KB)」により、地籍調査課の所管となっています。

 

下松市が管理する街区基準点の種類

 

街区三角点

街区多角点

街区補助点

公共基準点2級相当

公共基準点3級相当

公共基準点4級相当

街区三角点

街区多角点

街区補助点

成果の確認・閲覧・交付について 

 地籍調査課では、座標値などの成果の閲覧・交付等を行っています。

 また、街区基準点の設置箇所については、国土交通省ホームページ「都市再生街区基本調査の成果提供サービスβ版」でも確認できます。(http://gaikuchosa.mlit.go.jp/gaiku/

 なお、土地活用促進調査で設置した補助点については、上記サイトでは確認できません。

お手数ですが、地籍調査課の窓口にて閲覧ください。

基準点付近で工事をする時は?

 事前に必ず、地籍調査課で基準点の有無等の確認を行ってください。その後、必要な場合は

街区基準点付近での工事施工届出書(PDF:56KB)」を提出し、承認を受けてください

 承認後、工事が完了した時は、「街区基準点付近での工事竣工報告書(PDF:56KB)」を提出してください。

基準点の一時撤去および移転が必要な場合は?

 「街区基準点(一時撤去・移転)承認申請書(PDF:61KB)」を提出し、承認を受けてください

 一時撤去等を行う場合、事前に地籍調査課と復旧等について協議してください。

 承認後、工事が完了した時は、「街区基準点設置工事竣工報告書(PDF:48KB)」を提出してください。

 

※市の承諾を得ないで、測量標を移転し、汚損し、その他その効用を害する行為をすることはできません。(測量法第22条及び第39条)

 故意または過失により測量標を滅失・棄損した場合は、再設置していただく場合がありますので、適切な保全に努めてください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地籍調査課地籍調査係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1842

ページの先頭へ戻る