ホーム > 福祉・健康 > 高齢者福祉 > 地域包括ケア(地域支え合い)システム構築に向けて > 第3回アラカンの集いおよび第2回アラカン地域づくり研究会について

ここから本文です。

更新日:2016年2月19日

第3回アラカンの集いおよび第2回アラカン地域づくり研究会について

第3回「アラカンの集い」および第2回アラカン地域づくり研究会を開催します。

第1回目の「アラカン地域づくり研究会」(H27年7月31日)では、地域包括ケアは、元気高齢者の育成支援であるということを市民および地域の保健医療介護福祉の関係者とともに共通認識し、さらに、ワークショップで地域の課題・要望・アイデア等を出していただきました。

ワークショップの結果からは、社会参加への関心が高く、介護予防・認知症予防とのつながりも認識され、社会参加しやすくなるよう環境整備の要望・アイデアが多数あること、生活支援など地域支え合いへの関心が高いことがうかがえます。この関心が、さらに「私たちの地域づくり」に繋りますよう、具体的なノウハウの情報提供を行うとともに、引き続き新たなアラカン世代以上の方の参画をお待ちしています。

今回は、人とのコミュニケーションに焦点を当て、地域デビュー(社会参加)のノウハウ、活躍の場創出の目の付け所を具体的な例示と経験談を通して学びます。「アラカンの集い」を兼ねておりますので、仲間づくりにたくさんのご来場をお待ちしております。

1.主催 下松市
2.後援 社会福祉法人下松市社会福祉協議会・公益社団法人下松市シルバー人材センター
3.日時 平成28年3月20日(日曜日) 13時30分~15時40分 13時00分開場
4.場所

ほしらんどくだまつ 2階 サルビアホール(下松市大手町2-3-1 下松中央公民館)

5.テーマ

「アラカンは、地域デビュー(社会参加)のノウハウを学ぼう」

6.内容
  • 基調講演(90分)

高齢者ではなく「好齢者」になろう! 

~地域にデビューし信頼を得るコツとは~

好齢ビジネスパートナーズ世話人 堀池(ほりいけ) 喜一郎(きいちろう)先生

  • 意見交換会(30分) (第2回「アラカン地域づくり研究会」) 

50,60,70代各世代で、地域デビューについて意見を出し合おう。

7.対象者

アラカン(還暦前後)世代以上の方および超高齢社会対策に関心のある方

250名(先着順)
8.講師プロフィール等

堀池 喜一郎氏プロフィール

三鷹市在住の75歳。63年慶應義塾大工学部卒業、日立製作所入社。工場、本社OA機器販売店支援を経験。00年退職後、住む町・三鷹市で高齢者の地域参加のためのプラットホーム「NPO法人 シニアSOHO普及サロン・三鷹」を設立。シニアの情報活用で行政、企業と協働事業を展開。第1回日経地域情報化大賞受賞。NPO代表退任後、12年“知恵と原資を持つシニア( 好齢者)”を地域ビジネスに参加させる活動を目的とした「好齢ビジネスパートナーズ」を設立。コミュニティビジネスの推進と地方創生活動を展開している。

9.入場料 無料
10.その他 駐車スペースに限りがありますので、市役所や下松市市民体育館第2駐車場もご利用ください。
11.申込み先

下松市長寿社会課長寿支援係へ

☎0833-45-1837

又はFax 41-1515(様式はこちらからダウンロード↓↓)

FAX申込み様式(Wordタイプ)

FAX申込み様式(PDFタイプ)(PDF:295KB)

 

 第3回アラカンの集いポスター画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長寿社会課長寿支援係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1837

ページの先頭へ戻る