ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 地域福祉計画について

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

地域福祉計画について

 誰もが住み慣れた地域で安全で安心して暮らし続けられるよう、生活の拠点である地域に根ざし行政・住民・事業者・福祉活動団体など地域に関わるすべてのものが、一体となって地域づくりを進めていくという地域福祉を推進していく取組みが求められています。

 地域福祉計画は、この地域福祉を市内全地域で推進する仕組みをつくり、計画的に取り組んでいくためのマスタープランと位置づけられます。

  下松市では、平成17年度に「ふくしプランくだまつ21(下松市地域福祉計画)」を策定後、二次にわたり地域福祉の推進に取り組んできました。このたび、平成28年3月をもって「第二次ふくしプランくだまつ」が満了となるため、過去5年間の取組と、その後の社会情勢の変化やこれまでの取組みをふまえて、平成28年3月に「第三次ふくしプランくだまつ」を策定しました。

 策定にあたり、地域の生活課題や福祉ニーズなどを把握するため、アンケート調査とモデル地区での住民座談会を実施し、地域福祉活動団体の代表者や市民公募の委員で構成した策定委員会で協議を重ね、住民の皆さんと一体になって取り組みました。

 なお、計画の期間は平成28年度から平成32年度までの5年間です。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長寿社会課福祉政策係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1833

ファックス番号:0833-41-1515

ページの先頭へ戻る