ホーム > イベントカレンダー > 災害時に多くの市民に水が行き渡るための相互協力

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

災害時に多くの市民に水が行き渡るための相互協力

下松市と周南市は、事故や災害などで水道が被害にあった場合を想定し、「災害時の水道相互応援の推進に関する協定書」を結んでいます。協定に基づいた定期訓練が、両市の職員が参加し、末武中の坂本川周辺で行われました。
市上下水道局の佐伯課長は、「生活する上で一日も欠かせないのが水。下松市の水道に被害があった場合には、周南市から水を供給してもらうことで、一人でも多くの市民に水を届けたい」と話しました。

下松市と周南市の両方の名前が入ったマンホール

下松市と周南市の名前が入ったマンホール蓋

両市職員が協力して作業を行いました

両市職員が協力して作業を行った

下松市側から連結管に流れる水の水質をチェック

下松市から連結間を通って周南市に流した水をチェック

開催日時

2019年9月2日  

お問い合わせ

山口県下松市大手町3丁目3番2号

電話番号:0833-41-2150

ページの先頭へ戻る