ホーム > イベントカレンダー > 花岡歌舞伎「花岡稲荷狐嫁入」が上演されました

ここから本文です。

更新日:2019年10月28日

花岡歌舞伎「花岡稲荷狐嫁入」が上演されました

花岡歌舞伎の定期公演が、花岡公民館で行われました。今年は稲穂祭のきつねの嫁入り行列復活70周年を記念し、「花岡稲荷狐嫁入」が上演されました。

米泉峡で漁師熊五郎の仕掛けた罠にかかったおすぎつね小吉。めすぎつね白糸の機転により罠から逃れることができたものの、罠で負った傷は深く、白糸と共に米泉峡に戻り最期を迎えます。嘆き悲しむきつねの頭領お紺のもとに、夫婦になった小吉と白糸があらわれ、めでたく祝言を挙げます。

もともと稲穂祭の前夜祭が始まりという花岡歌舞伎。芝居好きの地域住民の有志のみなさんの手によって運営され、地元に根付いたお芝居として親しまれています。当日は花岡地区婦人会により茶屋が設けられ、観客は手作りの炊き込みごはんや地元のお酒を手に、和やかに舞台を楽しんでいました。

法静寺で祝言を挙げる狐の小吉と白糸

祝言を挙げるきつねの小吉と白糸

花岡婦人会のみなさんの手により芝居茶屋

花岡地区婦人会手作りの炊き込みご飯や、地元の日本酒が並んだ芝居茶屋

役者のコミカルな化粧や演技も花岡歌舞伎の特徴のひとつ

役者のコミカルな化粧や演技も花岡歌舞伎の特徴のひとつ

開催日時

2019年10月26日  

主催

名称

花岡歌舞伎の会

お問い合わせ

所属課室:花岡公民館

山口県下松市大字末武上1280番地1

電話番号:0833-43-7513

ページの先頭へ戻る