ホーム > イベントカレンダー > 笠戸島で「青いレモン」の収穫が始まりました

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

笠戸島で「青いレモン」の収穫が始まりました

笠戸島特産品開発グループのみなさんが、平成25年から植え付けを始めたレモン。現在は島内5カ所に約150本のレモンが植えられています。収穫量が増えてきた平成29年からは、黄色く色づく前に早めに収穫する「青いレモン」を収穫、販売しています。甘味と酸味のバランスがとれていて、表面の滑らかさと強い香りが特徴の「青いレモン」の収穫が今年も始まりました。

無農薬で作られている笠戸島レモンは年々人気が高まり、昨年収穫した7,000個のレモンは昨年内で完売したとのこと。今年は昨年より1,000個多い8,000個の収穫を見込んでいて、販売状況を見ながら随時収穫していくそうです。

笠戸島産のレモンは、国民宿舎大城とJR下松駅の南側にある駒屋で、11月1日より販売されています。

青いレモンは滑らかな表面と強い香りが特徴

つややかな表面と強い香りが特徴の青いレモン

レモンを育てているのは笠戸島開発グループのみなさん。島の活性化のため、いろいろな活動を行っている

初日は約800個を収穫。「皮をちょっと削っただけでいい香りがするから試してみて」

実ったレモンの向こうには、深浦の港を見ることができる

実ったレモンの向こうには、深浦の港を望むことができます

開催日時

2019年10月31日  

お問い合わせ

所属課室:農林水産課

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1844

ページの先頭へ戻る