ホーム > 福祉・健康 > 障害者福祉 > 難病患者福祉について

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

難病患者福祉について

難病とは

  • 原因不明、治療法が未確立であり、かつ後遺症を残すおそれが少なくない疾病。
  • 経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず、介護に著しく人手を要するため、家族の負担が重く、精神的にも負担の大きな疾病。

難病患者を対象とする各種福祉制度 

制度 内容等 問い合わせ先
特定医療費
(医療費の助成)

特定医療費の支給認定を受けた指定難病の患者に対して、医療費の公費助成を行います。支給認定を受けると「特定医療費(指定難病)受給者証」が発行されます。

(対象疾患数:330疾患)

周南健康福祉センター
精神・難病班
(TEL:0834-33-6423)
小児慢性特定疾病医療費(医療費の助成) 小児慢性特定疾病にかかっている児童等について、健全育成の観点から、患児家庭の医療費の負担軽減を図るため、その医療費の自己負担分の一部が助成されます。
補装具費の支給 補装具費の支給 下松市役所福祉支援課
(TEL:45-1835)
日常生活用具の給付 日常生活用具の給付
障害福祉サービス 障害福祉サービスの利用

お問い合わせ

所属課室:福祉支援課障害福祉係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1835

ページの先頭へ戻る