ホーム > 子育て・教育 > 社会教育 > 下松市心豊かな人づくり推進事業

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

下松市心豊かな人づくり推進事業

事業目的

21世紀は、心の時代と言われています。これまで、多くの面で量的拡大を指向してきましたが、全国的に人口の増加も止まり、質的な充実と価値観を転換させるべき時を迎えています。
そこでは、忘れかけた美しい日本人の心を取り戻すことを基本に据えて、温かい心のきずなを確かなものにすることが、人が支えあって生きる地域社会の精神的基盤をなります。
その中で、「笑い」「花」「童謡」は、心の豊かさ、つながりを象徴するもので、下松市はこれを軸に、子どもからお年寄りまでが心の輪を広げながら幸せを実感できるよう、具体的な活動を盛り上げていきます。

運営組織

市民との協働によるソフト事業の一部である「童謡」について、「星のふるまち童謡フェスタ実行委員会」や「童謡のまちボランティアスタッフ」が、「星のふるまち童謡フェスタ」や「童謡フェア」などの主な運営主体として企画立案・運営を行っています。

各事業について

「笑い」

お互いが進んであいさつを交わすことが、笑顔があふれる温かい人間関係を築くもとになるとの考えからあいさつ運動を中心に実施。

(1)あいさつ運動の推進

(2)第15回笑顔の写真コンテスト(2017年)

  【応募期間】2017年9月1日(金曜日)~2017年10月31日(火曜日)※当日必着

  応募いただいた作品は、スターピアくだまつ(12月2日)、ほしらんどくだまつ(12月9日~24日)にて展示します。

  募集要項・応募票はコチラ(PDF:2,194KB)

  第14回笑顔の写真コンテスト2016(結果

「花」

5万6千の市民の心の中に「思いやり」「優しい」「美しさ」の花を咲かせようとの想いから市民の皆さんとの諸活動を実施。

(1)下松市内の花について⇒「くだまつ花めぐり」

 

「童謡」

童謡がまちの津々浦々に流れ、口ずさまれ、心の中に美しい花が咲くまち、笑顔で温かいふれあいに充ちたまちを実現するための活動を実施。

 

童謡のまちプロモーション映像 『「くだまつ」は、あなたのふるさと』

 

(1)星のふるまち童謡フェスタ

  ☆童謡のまちボランティアスタッフ登録票(Wordファイル)

    ☆星のふるまち童謡フェスタ2017「出演団体」・「星のふるまち市民合唱団」募集について(Wordファイル)

 

2017出演募集写真

 

(2)第32回下松花と緑の祭典「童謡フェア」 

 

 ☆「童謡フェア」出演団体募集要項・応募票(PDF:49KB)

 ※応募は終了しました。


くだまつ親子の日

 

(1)「くだまつ親子の日」とは(PDF:89KB)

(2)「くだまつ親子の日フェスタ2017」(平成29年7月23日(日曜日)開催)(PDF:933KB)

(3)「くだまつ親子の日」制定記念モザイクアート(PDF:436KB)

(4)「くだまつ親子の日」啓発グッズ(PDF:427KB)

 

その他

(1)心豊かな人づくり事業シンボルマーク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生涯学習振興課社会教育係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1870

ファックス番号:0833-45-1865

ページの先頭へ戻る