ホーム > 子育て・教育 > 人権・男女共同参画 > 下松市「人権」を考えるつどい

ここから本文です。

更新日:2019年10月10日

下松市「人権」を考えるつどい

趣旨

人権を尊重する心豊かな地域社会を築き上げていくことは、市民共通の願いです。人権が尊重される社会の実現のためには、私たち一人ひとりが、人権に関する感覚を磨き、これを人権尊重の態度に結びつけ、行動に移していくことが大切です。本市におきましても、人間の尊厳を基盤に、お互いの人権を尊重し合う「心豊かで、健やかな、住みよいまちづくり」に向けた諸施策を積極的に推進して参りました。これまでの取り組みをさらに広め、市民一人ひとりの人権意識の高揚をはかり、明るく住みよい地域社会をつくるために下松市「人権」を考えるつどいを開催します。

 

参加対象

下松市民全般(入場無料)

演題・講師

 ・平成26年度「オール1の落ちこぼれ、教師になる」:宮本 延春

 ・平成27年度「夢と絆」:蓮池 薫

 ・平成28年度「僕は運命を信じない」:坂本 博之

 ・平成29年度 第1部「ウェルカム!」:DVD鑑賞

    第2部「言葉の責任 ネットの被害者・加害者にならないために」:スマイリーキクチ 

 ・平成30年度 人権作文コンテスト表彰・作文発表

 「転んだら、どう起きる?」:宇梶 剛士 

  ・令和元年度 Ensemble M4 ミニ音楽会

 「~楽しく生きる3ツのコツ~ 病に学んだ芸の道」:江戸家 小猫 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生涯学習振興課社会教育係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1870

ページの先頭へ戻る