ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 生涯学習振興課 > 埋蔵文化財包蔵地に関する届出等

ここから本文です。

更新日:2017年2月17日

埋蔵文化財包蔵地に関する届出等について

下松市内で工事等を行う際の埋蔵文化財発掘の届出について

下松市内には、70か所以上の埋蔵文化財包蔵地(縄文~中近世までの人が住んでいた跡や古墳等)が確認されています。

これらの包蔵地域内において、日常的な行為(農作業等)以外で、地面の下に影響を与える行為(土木工事等)を行う場合、文化財保護法(昭和25年法律第214号)の規定により、着工の60日より前に届出が必要となる場合があります。

 

周知の埋蔵文化財包蔵地の確認・届出様式

周知の埋蔵文化財包蔵地の確認については、「下松市遺跡地図」により行うことになります。

しかし、埋蔵文化財包蔵地は、研究・発見等により急に増減する可能性があることから、混乱を避けるため地図の掲載を行っておりません。(他で地図を見られた場合も、上記の理由により情報が古くなっている場合があるため、届出の要否を決める根拠となりませんのでご注意ください。)

お手数ですが、FAX・メール・郵便もしくは来庁による確認をお願いいたします。

 

埋蔵文化財包蔵地であることが確認された場合

以下の書式に必要事項を記入の上、市生涯学習振興課まで、正副で2部、提出をお願いいたします。

添付書類は、位置図、構造物の平面図、立面図(家屋等建物の場合、地面下の基礎まで記載したもの)、断面図(擁壁や盛土をする場合その断面図)等となります。

埋蔵文化財発掘の届出様式(ワード:76KB)

 

お問い合わせ

所属課室:生涯学習振興課社会教育係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1870

ファックス番号:0833-45-1865

生涯学習振興課 E-mail:gakushuu@city.kudamatsu.lg.jp

ページの先頭へ戻る