ホーム > くらし・手続き > 国民年金・国民健康保険 > 年金制度について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

年金制度について

国民年金被保険者の種類

 

第1号被保険者

20歳以上60歳未満の自営業・自由業・学生・アルバイト・無職などの人

(送付される納付書や口座振替などで保険料を納めます)

第2号被保険者

70歳未満で会社員・公務員などの厚生年金や共済組合に加入している人

(勤務先を通じて保険料を納めます)

第3号被保険者

20歳以上60歳未満でサラリーマンの妻など、第2号被保険者に扶養されている配偶者

(保険料を納める必要はありませんが、届け出が必要です)

任意加入

本人の申し出により、国民年金に加入することができます。

  • 日本に住所のある60歳以上70歳未満の人
     60歳になっても受給資格期間を満たしていない人が、不足期間を満たすために加入できます。すでに受給資格期間を満たしている人で、満額の基礎年金に近づけたい場合も加入できます。ただし、65歳以上で加入できるのは昭和40年4月1日以前に生まれた人で、受給資格期間が不足している人に限ります。
  • 海外に住所のある日本人 (20歳以上65歳未満の人)

手続き

国民年金では、就職や退職、結婚や死亡といった際には被保険者の種類が変更になるため、届け出が必要となることがあります。

将来年金を受け取る権利を守るために、忘れずに届け出をしてください。

  • 20歳になったとき(厚生年金・共済組合の加入者は除く)
  • 会社などに就職や退職したとき
  • 第3号被保険者の配偶者が会社などを変わったときや退職したとき
  • 結婚等により第2号被保険者に扶養されるようになったとき
  • 離婚や死別、収入増等で、第2号被保険者に扶養されなくなったとき
  • 住所、氏名が変わったときなど

お問い合わせ

所属課室:保険年金課年金係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1824

ページの先頭へ戻る