ホーム > くらし・手続き > パスポート(旅券) > パスポート(旅券)申請のご案内

ここから本文です。

更新日:2016年10月17日

パスポート(旅券)申請のご案内

平成23年10月3日から、下松市役所で旅券の申請、受け取りを開始しました。

取扱い窓口

下松市役所市民課パスポート窓口(1階6番窓口)

周南パスポートセンターは、平成23年9月30日をもって閉鎖されました。

山口県旅券センターの一般申請窓口は平成25年12月27日をもって閉鎖されました。なお、引き続き「特別申請窓口」として、旅券の緊急発給(人道的な理由による)等は行われます。

取扱い日時

申請、交付ともに月曜日から金曜日(午前9時から午後5時まで)

祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く

申請できる人

日本国籍を有し、原則として山口県内に住民登録のある人

申請に必要な書類

(1)新規(訂正・切替等含む)

一般旅券発給申請書

10年用と5年用があります。

申請日に20歳未満の人は5年用になります。(年齢は誕生日の前日に1歳加算されます)

申請書は、市役所市民課パスポート窓口(1階6番窓口)にあります。

1枚
戸籍謄(抄)本

(6ヶ月以内のもの)

旅券の有効期間が1年未満となった切替申請の場合は、本籍地の県名、氏名に変更がなければ省略できます。(未成年者、一時帰国者などを除く)

同一戸籍内にある2人以上が同時に申請する場合は、戸籍謄本が1通あれば申請できます。

1通
住民票

(6ヶ月以内のもの)

山口県内に住民登録があり、窓口で住民基本台帳または住民基本台帳ネットワークシステムを利用する場合は不要です。

1通

写真(外部サイトへリンク)

(6ヶ月以内のもの)

申請書に貼らないで持参してください。

無帽、無背景で正面を向いたものであり、申請者本人のみが写ったもの。

規格を満たさないものは、お取替えいただく場合もあります。

1葉
本人確認書類

有効な原本が必要です。コピーは無効です。

(下記本人確認書類を参照してください)

前回取得した

旅券

前回取得した旅券を持参してください。無い場合は、申請時にお知らせください。

有効期間が1年未満で切り替える場合や、IC旅券に切り替える場合など、必ず有効な旅券を持参してください。

有効期間が残っている旅券を紛失した場合は、届出が必要です。

 

※有効期間内に申請する場合

次の方は、有効旅券を返納して切替申請ができます。

  • 残りの有効期間が1年未満となった場合
  • 旅券面の記載事項に変更があった場合(記載事項変更申請も可)
  • 査証欄に余白がなくなった場合(1回限り増補も可)
  • 非IC旅券をIC旅券に切り替える場合
  • IC旅券のICチップが故障した場合(ICが故障しても有効期間内は使用できます)

(2)紛失届出を伴う一般旅券発給申請

  • 紛失一般旅券等届出書
  • 戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内のもの)1通
  • 写真2葉
  • 旅券の紛失又は焼失を立証する書類
  1. 紛失・・・警察署発行の「紛失届の受理証明書」
  2. 焼失・・・消防署発行の「罹災証明書」

紛失の届出は代理不可です。必ず本人が届け出てください。

(3)記載事項変更申請(氏名・本籍の県名に変更がある場合など)

  • 一般旅券記載事項変更申請書
  • 記載事項の変更を受けようとする旅券
  • 変更内容が証明されている戸籍謄(抄)本1通
  • 写真1葉

変更後の氏名・本籍が顔写真のページやICチップに反映されており、変更前のパスポートと有効期間満了時が同じになります。

(4)査証欄の増補申請

  • 一般旅券査証欄増補申請書
  • 増補を受けようとする旅券

増補申請は、1回に限ります。

新規発給申請と同時に申請を行うこともできます。

 

※(2)(3)(4)のいずれの申請にも住民票は必要ですが、山口県内に住民登録があり、窓口で住民基本台帳または住民基本台帳ネットワークシステムを利用する場合は不要です。

 本人確認書類

1点の提示で良いもの

運転免許証、日本国旅券(失効後6ヶ月以内も可)、個人番号カードまたは住民基本台帳カード(写真付き) 、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、無線従事者免許証、宅地建物取引士証、電気工事士免状、官公庁等職員身分証明書(写真、生年月日、刻印等があるもの)、写真付き身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)

2点の提示が必要なもの 組み合わせはA+A又はA+Bが可能です。

A

健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険証、年金証書(年金手帳)、印鑑登録証明書+実印(申請時に実印を持参)など

 

B

 

写真貼付の学生証、会社の身分証明書、公の機関発行の資格証明書、失効旅券、身体障害者手帳、療育手帳、母子手帳(未就学児)、源泉徴収票(申請前年所得に関するもの)、納税証明書(申請前年度に関するもの)、在学証明書、理・美容師・調理師免許証など

貼付された写真はシールプレス加工又は保護シートにより貼り替え防止措置がなされているものに限ります。

小学生以下の本人確認について

法定代理人が申請する場合は、法定代理人の本人確認で代替できます。

その他の申請について

代理申請の場合や住民登録が山口県外の場合は、別途書類等が必要になります。詳しくはパスポート窓口でお尋ねください。

次の場合は、下松市での申請はお受けできません。

山口県旅券センター(電話083-933-2352)へお問い合わせください。

  • 緊急発給
  • 早期発給
  • 渡航先追加申請
  • 一般旅券発給申請書の刑罰等関係欄1~6のいずれかに該当する場合

 

受け取りについて

  • 申請者本人が必ず受け取りに来てください。
  • 申請時に手渡した受領証を持参してください。
  • 受領証の旅券受領者署名は、パスポート窓口の担当の面前で署名していただきます。
  • 申請時に誓約した手続き補正書類(該当者のみ)の提出(提示)がない場合、旅券の受け取りはできません。
  • 申請日から6ヶ月以内に受け取りがない場合、その旅券は失効します。

申請から受け取りまでの日数

  • 一般旅券(10年、5年)・記載事項変更旅券・増補・・・申請の日から7日目(土・日曜日、祝日、振替休日、年末年始を除く)
  • 紛失届出を伴う一般旅券・・・申請の日から8日目(土・日曜日、祝日、振替休日、年末年始を除く)
  • その他の申請については、パスポート窓口で確認してください。

手数料について

現金に代えて、収入印紙山口県収入証紙で納めていただきます。

  • 収入印紙は郵便局、下松市役所厚生棟1階売店で購入できます。
  • 山口県収入証紙は県税事務所、下松市役所会計課(1階15番窓口)で購入できます。

旅券の種類

手数料

一般旅券(10年用)

16,000円(収入印紙14,000円と山口県収入証紙2,000円)

一般旅券(5年用)

11,000円(収入印紙9,000円と山口県収入証紙2,000円)

12歳未満

6,000円(収入印紙4,000円と山口県収入証紙2,000円)

紛失一般旅券等

届出書を伴う申請

上記一般旅券の手数料と同じ

記載事項変更申請

6,000円(収入印紙4,000円と山口県収入証紙2,000円)

増補申請

2,500円(収入印紙2,000円と山口県収入証紙500円)

 

詳しくは旅券センターのホームページをご覧ください。
山口旅券センターのホームページはこちら(外部サイトへリンク)から。

お問い合わせ

所属課室:市民課戸籍住民係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1854

ページの先頭へ戻る