ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 下松市観光振興ビジョン

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

下松市観光振興ビジョン

「下松市観光振興ビジョン(平成30年度~平成34年度)」の策定について

「下松へ人々を引き付ける魅力あるまちづくり」を推進するため、観光のめざすべき方向性とその実現に向けた取組を明確にする「下松市観光振興ビジョン」を策定しました。

(平成30年3月策定)

計画の背景と目的

下松市は、全国の“住みよさランキング”で上位になるほどのすばらしい地域であり、市内にも笠戸島や米泉湖、花岡地区などの観光資源を持つにも関わらず、観光地として認知度が低い状況です。

この度、統計データやアンケートなどから、改めて下松市ならではの観光を考え直し、様々な取組に力を入れることで、“住みやすさ”に加えて訪れやすく、人々の活力に満ちた「賑わいの創出」や「人々を引き付ける 魅力あるまち」をめざすため、「下松市観光振興ビジョン」を策定します。

下松市観光における将来ビジョン

めざす姿

“住みやすさ”だけでなく、訪れやすく、人々が行き交うことで活気が生まれ経済の循環が生まれることを目的とし、「観光立市」の合言葉のもと、「人々を引き付ける 魅力あるまち」をめざします。

コンセプト

『星ふるまち 夢叶うたび ~週末 くだまつ 君をまつ~』

下松の名の由来のひとつに、その昔松の木に大星が降り、7日7夜の間光り輝いたことから、「星が降(くだ)った松」が「下松」になったというロマンにあふれる伝説があります。まずは市民や近隣の住民などが本市を“星ふるまち”として認識し、誇りや魅力を感じていただくことが、本ビジョンを推進する上での、大きな目的のひとつであるといえます。

ここに住む市民にも、近隣、遠方を問わず訪れた観光客にも、小さな願いがたくさん叶い、大きな夢へとつながるよう、本市の観光コンセプトを「星ふるまち 夢叶うたび ~週末 くだまつ 君をまつ~」と設定します。

重点戦略

  • 重点戦略1 笠戸島を中心とした魅力あるまちづくりの充実
  • 重点戦略2 観光DMO等を含めた “核” となる組織の構築
  • 重点戦略3 市内外への情報発信の充実

下松市観光振興ビジョン


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光課観光振興係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1841

ファックス番号:0833-45-1849

ページの先頭へ戻る