ホーム > くらし・手続き > ペット・動物 > 愛護動物について

ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

愛護動物について

愛護動物とは

牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる。又は、人の占有する哺乳類、鳥類、は虫類。

ペットの終生飼養について

  • 生まれてくる子供を飼えないのであれば、不妊手術などの繁殖制限を行いましょう。
  • 飼い主の事情により飼えなくなるのであれば、新たな里親を探してあげましょう。

愛護動物の遺棄・虐待は犯罪です!

愛護動物を都合により飼えなくなったからといって、遺棄したり、餌を与えずに死に至らしめたりすると、
動物の愛護及び管理に関する法律」により、以下のとおり罰せられます。

  • 第四十四条第1項

みだりに殺したり、傷つけたりした場合は2年以下の懲役または200万円以下の罰金。

  • 第四十四条第2項

みだりに給餌、給水をやめたり、著しく不衛生な環境で飼育したりした場合は100万円以下の罰金。

  • 第四十四条第3項

遺棄をした場合は100万円以下の罰金。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境推進課環境保全係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1826

ページの先頭へ戻る