ホーム > 安全・安心 > 救急 > 119番通報

ここから本文です。

更新日:2017年7月24日

119番通報

防署がスムーズな活動をするためにも、市民の皆さんが火災・災害・救急事故などを発見したら、正確な内容の「119番」通報のご協力をお願いします。

火災の場合

宅または最寄りの電話・携帯電話から「119番」通報をしてください。燃えている場所、住所、燃えている物、(正確な場所、住所が分からない場合は、大きな目標物など)を伝えてください。

通信指令室員から次のような問いかけがあります。

問いかけ例

  • 「火災ですか?」
  • 「場所は、住所はどこですか?近くに目標物はありますか?」
  • 「何が燃えていますか?」
  • 「逃げ遅れた人はいますか?」
  • 「炎はどこから出ていますか?」
  • 「あなたの住所、氏名、電話番号は?」

通報例

  • 「火災です。下松市○○○○番地、○○さん宅の建物火災です。○○商店の○○側○○メートルのところです。○○側の窓、屋根から炎が出ています。全員避難しており逃げ遅れた人はいません」(○歳の男性○名が建物内に逃げ遅れています)
  • 「私の住所、氏名は○○電話番号は○○局○○番です」


※携帯電話で隣接市との市境から119番通報をした場合は隣接消防本部が受信することがありますので、注意してください。

救急車を呼ぶ場合

宅または最寄りの電話・携帯電話から「119番」通報をしてください。
まず、事故種別(急病?交通事故など?)、発生場所、事故の内容、住所、氏名(正確な場所、住所が分からない場合は、大きな目標物など)を伝えてください。

通信指令室員から次のような問いかけがあります。

問いかけ例

  • 「どのような病状ですか?」
  • 「意識はありますか?」
  • 「かかりつけの病院はありますか?」

例:事故などの場合は

  • 「けが人の症状は?」
  • 「意識はありますか?」
  • 「骨折はしていますか?」
  • 「車内に閉じ込められている人は?」
  • 「事故の内容は?」

通報例

  • 「急病人です、下松市○○○○番地の○○です」
  • 「私の○○が○○部分の激しい痛みを訴えているので救急車をお願いします。意識などははっきりしています」
  • 「かかりつけの病院はありません」
  • 「私は同じ家に住む○○で、電話番号は○○局○○番です(目標物などを告げてください)」

例:事故などの場合は

  • 「交通事故です、下松市○○、○○商店付近、国道2号線○○交差点において普通乗用車と大型トラックが衝突し、普通乗用車の運転手が車内に閉じ込められています」
  • 「けが人は男性○名で、話しはできますが頭と足から出血しています」
  • 「私の住所、氏名は○○電話番号は○○局○○番です(場所が分からないときは、目標物などを告げてください)」

電話は通報後すぐには切らないで、通信指令室員の問いかけや質問に慌てず落ち着いてお答えください。

救急車の適正利用

いけが、緊急性のない病気などで救急車を利用すると、重い病気やけがで本当に救急車を必要としている人への対応が遅れてしまうことがあります。緊急時の市民の生命を救うために、救急車は正しく利用しましょう。
災や休日当番医院の問い合わせは、119番をしないで下記の番号に電話をしてください。

  • 火災問い合わせ(テレホンサービス)話番号0***********
  • 一般・当番医院問い合わせ話番号0*********** (番号変更しました)

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課警防係

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1781

ページの先頭へ戻る