ホーム > 安全・安心 > 救急 > 救急救命士が行える処置の範囲が広がりました

ここから本文です。

更新日:2016年12月5日

救急救命士が行える処置の範囲が広がりました

 平成27年3月20日午前8時30分から本市においても運用が開始されます

 

 平成26年4月1日から所定の知識を習得し、認定を受けた救急救命士に対し、医師の具体的な指示を受けて救急現場や救急車内等で行える救急救命処置の範囲が広がりました。なお、拡大された救急救命士の処置は以下の行為です。

  • 低血糖性の意識障害の可能性がある患者さんに対して血糖測定を行い、低血糖が確認された場合にはブドウ糖溶液を投与します。
  • 血圧が低下しており、心臓が停止する危険性があるショック状態の患者さんに点滴を行います。

 

 拡大された救急救命処置は、医師の指示を電話で受けて救急救命士が処置を行います。

 また、認定を受けた救急救命士にのみ認められた行為であり、処置の実施可能な救急救命士は、今後も計画的に養成していきます。

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課警防係

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1781

ページの先頭へ戻る