ホーム > 安全・安心 > 救急 > 救急車の適正利用について

ここから本文です。

更新日:2017年8月22日

救急車の適正利用について

    適正利用2016            

 

救急車の適正利用をお願いします

 

  平成28年中、下松市の救急出動件数は2,443件で、1日の出動件数は約7件となっています。また、救急車で運ばれた人の数は2,282人です。これは市民の約25人に1人が搬送されたことになります。

  近年、単なる酒酔いや風邪、軽度の打撲や切り傷などの軽い症状でも救急車を利用する人が増えています。これは、事故による大けがの人や、心筋梗塞などで緊急に病院などへ搬送する必要がある人への救急車の到着を遅らせることになります。

  本当に命にかかわる病気やけがで緊急に病院へ行かなければならない場合は、迷わず119番通報してください。

  救急車を呼ぶべきか?判断に困った場合は「救急車利用リーフレット」を利用してください。

 ☆ 救急車利用リーフレット(総務省消防庁)(外部サイトへリンク)

 

  救急車を呼ぶほどではないが、どこの病院へ行けばいいのか分からない?といったときなどは、消防本部にご相談下さい。救急出動

相談先

下松市消防本部

0833-45-0119

急な病気やけがで迷ったら・・・!「Q助」

全国救急受信アプリ(愛称「Q助」)をお使いください。Q

  急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」、「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」)が表示されます。その後、119番通報、医療機関の検索(厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができるようになっています

 

 「Q助」の使用方法

○ スマートフォン版QQ(外部サイトへリンク)
「消防庁ホームページ」→「救急お役立ちポータルサイト」→「全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)」から、ダウンロード可能です。また、「App Store」や「Google play」で「Q助」で検索の上、ダウン ロード可能です。
※アプリはiOS 8.0以上のiPhone端末、Android OS 4.4以上のスマートフォン・ タブレット端末で利用可能です。
○ Web版ウエイブQ(外部サイトへリンク)
「消防庁ホームページ」→「救急お役立ちポータルサイト」→「全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)」のWeb版で閲覧可能です。

Q助のチラシ

だあs

お問い合わせ

所属課室:警防課警防係

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1781

ページの先頭へ戻る