ホーム > 安全・安心 > 消防署からのお願い > 地理・水利調査業務について

ここから本文です。

更新日:2019年7月2日

地理・水利調査業務について

消防署では3ヵ月に一度、下松市内の「地理」、「消防水利」の調査を実施しております。

これは火災が起きたときに、すぐに水が使えるよう消火栓や防火水槽等の異常の有無を調べます。また、災害が起きたときに、いち早く現場に到着できるよう狭い道路や工事中の道路の様子を調べます。

このため、「消防水利」を点検するときに消防署の車両が道路上に停車することがあります。これは道路上にある消火栓や防火水槽の蓋を開けて点検を行うためです。

一時的に通行の妨げになりますが、短い時間で点検作業を実施することに心掛けますので、御理解、御協力のほどよろしくお願いします。

 

「地理」とは地形、道路、橋梁、河川、港湾、建物その他消防活動上注意を要する箇所をいいます。

「消防水利」とは、消火栓、防火水槽、プール、河川、溝、池、海、井戸、貯水池等をいいます。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課警防係

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1781

ページの先頭へ戻る