ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 平成27年度からの入札・契約手続きの変更について

ここから本文です。

更新日:2015年3月25日

平成27年度からの入札・契約手続きの変更について

 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律等の一部改正に伴い、下松市におきましては、平成27年度から下記のとおり入札・契約手続きの変更を行いますのでお知らせいたします。  

工事費内訳書の提出について

全ての工事入札案件について、入札書と合わせ工事費内訳書を提出していただくことといたします(単価による入札に係るもの及び業務委託に係るものは除きます。)。なお、次のような不備がある場合は入札が無効となりますのでご留意願います。

 ①内訳書の提出のないもの

 ②下松市が指定した提出方法によらずに提出されたもの

 ③工事名の記載のないもの又は相違があり工事の特定ができないもの

 ④入札参加者名の記載のないもの又は相違があるもの

 ⑤入札参加者の押印がないもの

 ⑥直接工事費、共通仮設費、現場管理費及び一般管理費の計が合計金額と一致していないもの

 ⑦内訳書の合計金額と入札金額が一致していないもの

内訳書の様式は、ダウンロード(企画財政部の様式)していただき作成してください。提出の方法は、工事費内訳書表紙に記名押印し、表紙及び内訳をホッチキス等で綴じて入札の際に提出してください。 

公共工事の施工体制台帳の作成義務の拡大について

法改正により、公共工事の施工体制台帳の作成義務が下請金額にかかわらず作成する必要があると拡大されましたので、ご注意ください。 

その他(入札書様式の変更について)

 平成27年4月1日付で下松市財務規則の全面改正に伴い、入札書の書式中記載の「下松市財務規則」を「下松市契約規則」に変更しました。各入札参加者で入札書を作成されている場合には、訂正をしてください。

お問い合わせ

所属課室:契約監理課技術監理係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1813

ページの先頭へ戻る