ホーム > 子育て・教育 > 助成・相談 > 不妊・不育症治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2016年12月14日

不妊・不育症治療費助成事業

不妊治療、または不育症治療を受けている方を対象に治療費の一部を助成します。

いずれの助成事業も対象者は下松市内に居住する法律上の夫婦です。(平成28年度から所得制限なし

不妊治療費助成事業

不妊治療費の助成事業は次の3つです。

  1. 一般不妊治療費助成事業
  2. 人工授精費助成事業
  3. 特定不妊治療費助成事業

不育症治療費助成事業

妊娠はするものの、流産や死産を繰り返し、子どもを授かることができない場合を不育症と呼んでいます。

市内に住所を有し、不育症治療を受けている夫婦について、その治療費の一部を助成します。(所得制限なし)

対象となる治療 医師が不育症として認め、実施した治療及び検査(医療保険適用・適用外の治療)
助成対象

当該年度中(4月1日から翌年3月31日まで)に負担した治療費のうち、自己負担分。

不育症治療のためにかかる投薬費用も対象となります。

助成額 20万円まで(1年度につき、1回。通算5回まで。)
その他

差額ベッド代、食事代及び不育症治療に直接関係のない費用は助成の対象外となります。

平成28年4月1日以降に負担した治療費が助成の対象となります。

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康増進課 

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ページの先頭へ戻る