ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症に関する情報 > 風しんの届け出数増加に伴う注意について

ここから本文です。

更新日:2019年1月11日

 

風しんの届出数増加に伴う注意について

 平成30年8月以降、全国的に風しんの感染が拡大しています。今年の風しん患者数は、平成25年に次ぐ報告数となって 

います。

  • 風しんとは

    風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発心性感染症です。風しんのウイルスの感染経路は、飛   

    沫感染で、ヒトからヒトへと伝播します。症状は幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、

           関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。

    また、妊娠初期(妊娠20週頃まで)に風しんにかかると、産まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になる可能   

    性が高くなります。

    予防には、ワクチンの接種が有効です。これまで風しんにかかっていない人、風しんの予防接種を受けていない人、

    及び妊娠を希望する女性は 予防接種を検討してください。また、妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の

    同居家族等)は、風しんに感染しないよう予防に努めましょう。

  • 風しん抗体検査について

    山口県では、各健康福祉センターにおいて、無料の抗体検査を実施しています。

    平成30年度の対象者、日程については、山口県のホームページ(外部サイトへリンク)を確認してください。

 





お問い合わせ

所属課室:健康増進課保健予防係

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ファックス番号:0833-44-2304

ページの先頭へ戻る