ホーム > 子育て・教育 > 子育て(未就学児) > 子ども・子育て支援新制度について

ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度の概要

べての家庭が安心して子育てができ、一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して、平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」)がスタートしました。新制度では、幼児期の教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進していきます。

子ども・子育て新制度の目的

質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供

稚園と保育所の良さを併せ持つ認定こども園の普及を進めます。

待機児童解消に向けた保育の量的拡大・確保

域のニーズを踏まえ、保育所・認定こども園などを計画的に整備します。

また、少人数の子どもを預かる小規模保育なども組み合わせ、待機児童の解消を計画的に進めます。

地域の子ども・子育て支援の充実

育ての相談や一時預かりの場を増やすなど、ニーズに応じた子育て支援を充実させます。

根拠となる法律

成24年8月に子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、子ども・子育て関連3法が制定されました。

  • 子ども・子育て支援法
  • 認定こども園法の一部改正法
  • 子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

下松市の取組について

事業計画

ども・子育て支援新制度を計画的かつ総合的に実施できるよう、くだまつ星の子プラン(下松市子ども・子育て支援事業計画)を策定しました。計画の策定に当たっては、子育て家庭のニーズや状況を把握するために市民アンケートを実施し、市民の方や関係機関等で組織する「下松市子ども・子育て会議」に諮るなど、様々なご意見をいただきながら策定しました。

保育料について

制度での保育料は、国が定める基準を上限として、保護者の所得に応じて(応能負担)市が定めます。保育所は、これまでも市が保育料を定めていましたが、私立幼稚園は、新制度に移行する場合は、市が定めた保育料となり、移行しない幼稚園は、これまで通り各園が定める保育料となります。

保育所について

保育所情報についてはリンク先をご覧ください。

幼稚園について

幼稚園情報についてはリンク先をご覧ください。

新制度に関係する資料情報

制度に関する国の情報や、内閣府発行のリーフレットは下記よりご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子育て支援課子育て支援係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1836

ファックス番号:0833-41-6220

ページの先頭へ戻る