ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」

イベント・観光 下松7つ星めぐり

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」

~ものづくりのまち 下松から 鉄道発祥の地 英国へ~

(株)日立製作所笠戸事業所が製造している英国向け高速鉄道車両は、下松第2埠頭から船で英国に出荷されており、同社から埠頭までは車道を使って陸上輸送(陸送)されています。通常交通量の少ない夜間に行われている「陸送」が昼間公開され、全国的にも珍しい光景を一目見ようと約3万人の観客が訪れました。

tetudousyaryou_rikusou.JPG

開催日時

2017年3月5日 (日曜日)14時00分陸送スタート~14時40分下松第2埠頭到着

開催場所

(株)日立製作所笠戸事業所~下松市市民運動場(観覧エリア)~下松第2埠頭

主催

下松市 (協力:下松警察署、(株)日立製作所笠戸事業所、(株)日立物流 ほか)

当日の様子

(株)日立製作所笠戸事業所(出発地)~国道188号線

tetudousyaryou_rikusou07.JPG tetudousyaryou_rikusou08.JPG

tetudousyaryou_rikusou03.JPG tetudousyaryou_rikusou04.JPG

tetudousyaryou_rikusou05.JPG tetudousyaryou_rikusou06.JPG

国道188号線~県道366号線

tetudousyaryou_rikusou09.JPG tetudousyaryou_rikusou10.JPG

(株)日立製作所笠戸事業所正面玄関前

tetudousyaryou_rikusou11.JPG tetudousyaryou_rikusou12.JPG

下松郵便局前

tetudousyaryou_rikusou13.JPG tetudousyaryou_rikusou14.JPG

JR下松駅前

tetudousyaryou_rikusou15.JPG tetudousyaryou_rikusou16.JPG

下松市市民運動場前交差点

tetudousyaryou_rikusou17.JPG tetudousyaryou_rikusou01.JPG

下松第2埠頭前(到着地)~英国へ

tetudousyaryou_rikusou02.JPG tetudousyaryou_rikusou18.JPG

関連資料

「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」チラシ(PDF:1,513KB)

広報「潮騒」平成27年(2015年)9月号「ものづくりのまち特集」

「英国向け高速鉄道車両」とは? 

下松市を代表する企業の1つである(株)日立製作所笠戸事業所が製造している英国の都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme:略称「IEP」)のClass800シリーズと呼ばれる高速車両のこと。(株)日立製作所ではロンドンから西部の主要都市を結ぶグレート・ウェスタン・メイン・ライン(GWML)向けの車両369両と、北東部の主要都市を結ぶイースト・コースト・メイン・ライン(ECML)向けの車両497両、合計866両を製造します。

そのうち、76両を完成まで笠戸事業所で製造し、790両は建設中の英国北東部ダラム州の工場で製造しますが、車両のボディ、台車などの核となる部分は引き続き笠戸事業所で製造します。

「鉄道車両の陸上輸送」

笠戸事業所で製造された車両は、山口県の港湾整備により大型運搬船が停泊できるようになった徳山下松港下松第2埠頭から船に積み込まれ、シンガポール海峡やスエズ運河を通り、2ヶ月近くかけて英国に到着します。笠戸事業所から下松第2埠頭までは専用トレーラーに車両を乗せて、陸上輸送されており、この輸送は通常交通量の少ない深夜に行われています。

今回のイベントでは「ものづくりのまち下松」の誇る技術を結集して製造された鉄道車両が、鉄道発祥の地・英国へ旅立つ様子を多くの皆さんにご覧いただくため、特別に日中に陸上輸送を行うこととなりました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光課観光振興係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1841

ファックス番号:0833-45-1849

ページの先頭へ戻る