ホーム > くらし・手続き > 都市整備 > 下松市景観形成 > 景観ワークショップ~笠戸島地区編~

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

景観ワークショップ~笠戸島地区編~

平成23年3月19日土曜日に、国民宿舎「大城」にて、地域の魅力や景観資源を再発見していただくため、山口県景観アドバイザーの村越千幸子さんをファシリテーターにお迎えし、笠戸島地区の景観ワークショップを開催しました。

当日は、27名の参加者を4班に分けて、笠戸島地区の景観資源を発掘しました。

 

テーマ「笠戸島地区の景観資源を探そう!」 

 

  • 1班→大城~海上遊歩道~笠戸島ハイツ
  • 2班→笠戸島大橋~本浦
  • 3班→笠戸島家族旅行村~大城
  • 4班→江の浦→小深浦~深浦

全体説明2

笠戸島全体

 

(ファシリテーターの村越千幸子さん)

講師講評

講評

  • 笠戸島は景観資源が素晴らしい。
  • 参加者の考え方が、景観からまちづくりへと広がった点が良かった。
  • 景観資源の良さを再認識することにより、景観阻害要因を見つける目が磨かれたと思う。

 

各班の発表内容(抜粋)

 

評価 ○→良いところ  △→改善したいところ  ×→景観阻害要素  ◎→いち押し景観

 

1班~潮風かおるロマンロード

 

 

1班まち歩き

1班イチ押し

1班イチ押し景観!

 

ルート⇒国民宿舎「大城」~海上遊歩道~笠戸島ハイツ

○・・・戦時中の歴史あるセメント船が今日まで残っている

△・・・展望台の景色が良いが、ルート案内があれば行く人が増えるかも

×・・・ゴミが多くて残念

◎イチ押し景観→砂浜と海上遊歩道が一望できる

ほか

2班~潮風の漂う笠戸大橋と舟溜まり!

 

 

2班壁新聞作成

 

2班イチ押し

2班イチ押し景観!

ルート⇒笠戸大橋~本浦

○・・・花の管理がすばらしい

△・・・夕日岬から浜に降りる道がほしい

×・・・笠戸大橋から本浦までの山や木にツタがからまって、山全体が汚い

◎イチ押し景観→本浦に向かう途中から笠戸大橋を真横から見る景観

ほか

3班~山頂からの素晴らしき景色を永遠に・・・。

 

 

3班まち歩き

 

3班イチ押し

3班イチ押し景観!

ルート⇒笠戸島家族旅行村~国民宿舎「大城」

○・・・下松方面の海のパノラマが見る高さによって違う

△・・・遊歩道沿いに積んであるプランターをのけることはできないか

×・・・太い電線がじゃま

◎イチ押し景観→旅行村の山頂から見えるすべての景色!全方向が素晴らしい

ほか

4班~自然と歴史とものづくりの島

 

 

 

4班発表

 

4班イチ押し

4班イチ押し景観!

ルート⇒江の浦→小深浦~深浦

○・・・深浦の棚田のある風景が良かった

△・・・休校の中学校が人がいなくて寂しいので利用できればいいのでは

×・・・放置された漁船がゴミとなる

◎イチ押し景観→大松ヶ浦側から見下ろす造船所。大きな船が間近に見られる

ほか

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備課まちづくり推進係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1861

ファックス番号:0833-45-1830

ページの先頭へ戻る