ホーム > イベントカレンダー > 山惑ラグビーフットボールクラブが釜石遠征前に市役所を訪問

ここから本文です。

更新日:2019年11月14日

山惑ラグビーフットボールクラブが釜石遠征前に市役所を訪問

山口県内の40歳以上のラガーマンで構成される「山惑ラグビーフットボールクラブ」の選手4人が、岩手県釜石市で行われる地元クラブとの交流試合を前に、市役所を訪問しました。

選手でもありクラブの副会長も務める平岡徳仙さん(59)が、市温水プールにテレビを寄贈した際に、下松市と釜石市に交流があることを知ったことが、今回の交流試合につながるきっかけになったそうです。

ワールドカップ直後に、試合も行われたスタジアムで交流試合が行われることについて、「最高のタイミングでとてもうれしい」という平岡さん。「釜石のチームは強いと思うが、できれば試合に勝ちたい。そして交流を継続して、いつかは下松で釜石のチームと試合をしたい」と話してくださいました。

釜石不惑クラブとの交流試合は、11月16日の土曜日、釜石市鵜住居復興スタジアムで行われる予定です。

ユニフォームは、夏みかんのオレンジ色。左胸の花は夏みかんの花

夏みかんのオレンジ色と花がデザインされたユニフォーム

副会長を務める平岡さん、選手としても出場する

「いつか釜石のチームに下松に来てもらいたい」と話す平岡さん(右)

市役所を訪問した4人の選手。釜石との交流試合には22人が参加する予定

同クラブのメンバーは約100人。釜石での交流試合には22人が参加予定

開催日時

2019年11月13日  

ページの先頭へ戻る