ホーム > イベントカレンダー > 第66回文化財防火デーに伴う立入り検査と消防訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2020年1月27日

第66回文化財防火デーに伴う立入り検査と消防訓練を実施

第66回文化財防火デーに合わせ、花岡八幡宮境内にある国指定重要文化財の閼伽井坊多宝塔の立ち入り検査と消防訓練が行われました。

通常は閉められている多宝塔1階の扉が開けられ、立ち入り検査後に消防訓練が実施されました。その後、訓練を見学していた花岡小学校3年児童が、消火器取り扱い訓練に挑戦。訓練終了後には、花岡八幡宮と多宝塔にある文化財などを見学しました。

多宝塔の消防訓練を行った閼伽井坊住職の三池孝道さんは、「子どもたちが訓練を見てくれることで、防火意識だけでなく、地元の文化財にも興味をもってもらいたい」と話しました。

代表児童が実際の消火器を使った訓練に挑戦

児童の代表が実際の消火器を使った訓練に挑戦

多宝塔そばの林から出火した想定で消火活動が行われた

多宝塔そばの林から出火した想定で行われた消火訓練

花岡八幡宮と多宝塔の文化財などの説明を受ける児童

訓練後、花岡八幡宮と多宝塔にある文化財などの説明を受ける児童

開催日時

2020年1月24日  

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1882

ページの先頭へ戻る