ホーム > イベントカレンダー > 市栽培漁業センター新種苗棟完成

ここから本文です。

更新日:2020年2月17日

市栽培漁業センター新種苗棟完成

笠戸島本浦地区にある栽培漁業センターに新種苗(しゅびょう)棟が完成し、竣工式が行われました。
新たな施設は、50t水槽8基の孵化・種苗生産水槽などからなる生物飼育棟や研修棟、中央管理棟で構成されており、地域の水産振興の拠点施設として整備したものです。
オープンは、4月1日です。

来賓の江島参議院議員は「平成に入ってからの30年において国内の水揚げ量は半減しているが世界では倍増しており、魚食文化が広がっている。職員の皆さんは、瀬戸内の新たな沿岸漁業の拠点としてこの素晴らしい施設に魂を込めて次の世代につなげる施設に育つよう頑張ってほしい」と激励。村岡知事も「山口ブランドとして生産拡大を図るキジハタ等、地域の漁業者ニーズが高い魚種を扱い、時宜を得た施設だ。水産振興だけでなく、にぎわいの拠点施設としても期待している」と話しました。

テープカット

来賓の岸信夫衆議院議員、江島潔参議院議員、村岡嗣政県知事らと竣工式を祝う国井市長

施設外観

施設ではヒラメの養殖の他マコガレイ、オニオコゼ、キジハタの種苗生産なども行う。

タッチングプール

国内最大のタッチングプールを備える。

開催日時

2020年2月16日  

場所

名称

下松市栽培漁業センター

ホームページ

下松市栽培漁業センター(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る