ホーム > イベントカレンダー > 第18回企画展「久保の歴史と魅力」を開催しています

ここから本文です。

更新日:2020年4月2日

第18回企画展「久保の歴史と魅力」を開催しています

第18回企画展「久保の歴史と魅力」が、ほしらんどくだまつの「くだまつふるさと広場」で開催されています。切山歌舞伎や来巻神舞といった伝統芸能や、降松神社や切山八幡宮など歴史ある建築物、新しい団地の造成や国道2号線の拡幅工事により変わっていく風景など、さまざまな角度から久保地区の魅力が紹介されています。

中央のショーケースには、約270年の歴史をもつ切山歌舞伎の衣装が飾られています。明治時代に作られたとされる男物の大打ち掛けで、船の船首につけられた龍が刺繍で描かれています。期間中展示衣装は入替が予定されており、今年10月に行われる定期公演で使われる衣装が展示される予定になっています。切山歌舞伎後援会長の梅田幸子さんは、「下松市にもすばらしい伝統芸能があることを知ってもらうきっかけになってもらえたらうれしい」と話してくれました。

ほしらんど1階、カフェの隣にあるくだまつふるさと広場

ほしらんど1階、カフェの隣にあるくだまつふるさと広場で開催中

明治時代から伝わる男物の大打ち掛け。描かれているのは船首につけられた龍

明治時代から伝わる男物の大打ち掛け。年2回虫干しを行い大切に保存されている

べっ甲のかんざしは、歌舞伎で使ってほしいと寄付されたもの

「切山歌舞伎で使ってほしい」と寄付されたというべっ甲のかんざし

開催日時

2020年3月27日~2020年9月23日  

場所

名称

下松市市民交流拠点施設「ほしらんどくだまつ」

住所

下松市大手町2丁目3番1号

電話番号

0833-41-0906

ホームページ

下松市市民交流拠点施設「ほしらんどくだまつ」

その他

くだまつふるさと広場は市民ボランティアによって企画・運営されています。ご興味のある方は、教育委員会生涯学習振興課までお問合せください。0833-45-1870

お問い合わせ

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-48-8035

ページの先頭へ戻る