ホーム > イベントカレンダー > 救急医療週間に伴う「一日救急隊員」を実施しました

ここから本文です。

更新日:2020年9月10日

救急医療週間に伴う「一日救急隊員」を実施しました

救命医療及び消防救急の連携を目的とした「一日救急隊員」を、下松市消防本部にて実施しました。一日救急隊員には、周南記念病院の看護主任河口美穂さん、下松中央病院の看護師木曽里奈さんが参加。委嘱状交付式が行われた後、救急・消防資機材など説明を受け、庁舎内や消防車の見学、救急出動の同乗などを体験しました。

今回はコロナ禍での実施となり、消防隊員同様防護服やゴーグルの着用も体験。実際の救急出動に同乗した河口さんは、「いつもは救急患者を受け入れる側なので、どのような過程を経て病院に運ばれてくるのかを見ることができてよかった。私たちはコロナ感染について事前情報を得て対応しているが、救急隊員の人はそれがなくて大変だと思う。今日の経験を現場での活動に生かしていきたい」と話してくれました。

コロナ感染予防のため防護服やゴーグルを着用し、救急車内で説明を受ける河口さん(手前)と木曽さん。

コロナ感染予防のための防護服やゴーグルを着用し、救急車内で説明を受ける河口さん(右)と木曽さん

救急出動の同乗から戻ってきた河口さん

救急出動の同乗から帰庁した河口さん

消火活動を体験する木曾さん

隊員の指導のもと消火体験を行う木曽さん

開催日時

2020年9月10日  

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防課

山口県下松市大字河内1950番地

電話番号:0833-45-1781

ページの先頭へ戻る