ホーム > イベントカレンダー > 高齢者交通安全定期診断を実施しました

ここから本文です。

更新日:2020年9月24日

高齢者交通安全定期診断を実施しました

秋の交通安全運動の一環として、高齢者の安全運転意識の向上などを目的とした高齢者交通安全定期診断を、下松自動車学校で実施しました。参加したのは下松市内在住の65歳から80歳の14名。2グループに分かれ、自動車学校講師が同乗する運転技能の診断や、ASV(先進安全自動車)の試乗体験などを行いました。

今回初めて参加した瀧川嘉子さん(桜町)は、「一旦停止をきちんと停止していなかったり、徐行運転時のスピードの出しすぎを指摘された。普段自分の運転を見てもらうことがないので、いい勉強になった。コロナの影響で運転することが少なくなり、今日の診断次第では運転をやめようかとも考えていた。これからは指摘されたことを気をつけて運転したい」と話してくれました。

生活安全課の職員は、「下松市内は車がないと不便な地域も多い。高齢になったから運転をやめるという選択だけでなく、運動能力の低下を認識した上で運転に注意を払ったり、最新の安全技術を導入した車を検討するなどの方法もあるということも知ってもらいたい」と話しました。

65才から80才の14名が参加

市内在住の65才から80才の14名が参加

自動車学校の講師に同乗してもらい、コースで乗車実習を行う

自動車学校の講師が同乗して行われた運転技能診断

ASV(先進安全自動車)の試乗体験も行われた

販売店の協力のもと行われたASVの試乗体験

開催日時

2020年9月24日  

お問い合わせ

所属課室:生活安全課

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1828

ページの先頭へ戻る