ホーム > イベントカレンダー > 園児がハロウィーンの仮装をして街の人たちと交流しました

ここから本文です。

更新日:2020年10月16日

園児がハロウィーンの仮装をして街の人たちと交流しました

花の子・ひだまり保育園(北斗町・西豊井)の園児90名が、ハロウィーンの仮装をして近隣の店舗などを訪れ、街の人たちとの交流を楽しみました。人気漫画などをイメージした仮装に扮した園児は4つの班に分かれ、時間差で出発。店舗の前に着いて「トリック・オア・トリート」と大きな声で言うと、お店の人からお菓子などが渡され、園児からは歌のお礼が返されました。毎年訪問している西豊井の歯科医院では、医師も仮装して登場。お菓子を食べた後には歯を磨いてほしいと説明しながら、歯ブラシを園児に手渡していきました。

今年で13回目となるこのイベントについて平山敬子園長は、「今の時代、街の人たちが気軽に子どもたちに声をかけにくい雰囲気があると思う。こうしたイベントをきっかけに園や子どもたちに親しみをもってもらい、街の一員としてあたたかく見守ってもらえたらうれしい」と話します。昨年に続いて参加した、桧原美琴ちゃん(年長)は、「(漫画の)仮装ができてうれしかった。お菓子はお母さんと一緒に食べたい」と話してくれました。

人気漫画をイメージした衣装で街歩きに出発

人気漫画をイメージした仮装で出発する園児

仮装して登場した歯医者さん

歯科医院では医師も仮装して登場

銀行員も仮装して園児と交流

仮装して園児にお菓子を手渡す銀行職員

開催日時

2020年10月15日  

ページの先頭へ戻る