ホーム > イベントカレンダー > 避難所用テントなどを寄付をいただきました

ここから本文です。

更新日:2020年11月27日

避難所用テントなどを寄付をいただきました

医療機器を扱うシースター株式会社(東京)より、同社で取り組んでいる社会貢献活動の一環として、避難生活用テント30セットや非接触式体温計など、合わせて150万円相当の災害対策物品の寄付をいただきました。
山口県の出身で、自身も千葉県で避難所生活を経験したという山藤清隆社長は、授乳時などに、安全でかつまわりからの視線を遮る空間の必要性を痛感したといいます。「災害対策なので使われないことが一番よいが、万が一の時に役に立ててもらればうれしい」と話してくれました。寄贈は要望のあった県内の自治体すべてに行われるとのことです。

広げる前のテントを手に記念撮影

広げる前のテントを手に持ち記念撮影

「自分の避難所体験から必要性を感じた」と話す山藤社長

「コロナ禍の中、山口県出身者として地元に恩返しがしたかった」と話す山藤社長

ワンタッチで広がるテント。セキュリティケースと二人用のエアマットがセット。

一つのテントに寝床用のエアマット2つとセキュリティケースがセットになっている

開催日時

2020年11月26日  

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理課

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1832

ファックス番号:0833-45-1849

ページの先頭へ戻る