ホーム > くらし・手続き > ごみ・し尿 > 家庭ごみ収集 > 家庭ごみの分け方・出し方 > 平成29年7月から、家庭ごみの出し方が一部変更になります

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

平成29年7月から、家庭ごみの出し方が一部変更になります

どう変わるの?

平成29年7月収集分から、

洗っても簡単に汚れが取れない「プラスチック製容器包装」は、「燃やす袋ごみ」(白色の市指定ごみ袋)で出してください。

詳しくは、市広報7月号とあわせてお配りしましたチラシ(PDF:1,781KB)をご覧ください。

(同時配布の、新しい「家庭ごみ分別ポスター」についてはこちらをご覧ください。)

洗っても簡単に汚れが取れない「プラスチック製容器包装」って?

プラマークの付いた「プラスチック製容器包装」のうち、

  • 多量の水や洗剤を使わないと汚れが取れないもの
  • 細かい部分の汚れが取りにくいもの

のことです。例えば、

  • チューブ類…マヨネーズ・ケチャップ・わさび・からし・歯みがき・のりなどのチューブ
  • 調味料の小袋…弁当やカップめんなどについている、しょうゆ・わさび・ドレッシングなどの小袋
  • レトルト食品の袋…レトルトカレーなどの袋
  • ラップ類…食品などが付いたラップ

などです。

なぜ変わるの?

今までは「その他プラスチック類」で出すこととしていましたが、

  • 収集が1ヶ月に1回しかないため、衛生的に悪く、負担となる。
  • 汚いまま「プラスチック製容器包装」(黄色の市指定ごみ袋)で出され、きれいな「プラスチック製容器包装」が汚れ、効率的にリサイクルできない。

など、問題となっていました。

この度、恋路クリーンセンター(ごみ焼却施設)が設備改良したことに伴い、ごみ出しの負担軽減と効率的なリサイクルを図るため、変更することとしました。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

これからも、プラスチックはできる限り資源にしましょう

「プラスチック製容器包装」(黄色の市指定ごみ袋)、「その他プラスチック類」(青色の市指定ごみ袋)については、これまでどおり変更ありません。

水で軽く洗う、ふき取るなどして、汚れが取り除けるものは、できる限り「プラスチック製容器包装」(黄色の市指定ごみ袋)で、
プラマークのない、プラスチック製品そのものは「その他プラスチック類」(青色の市指定ごみ袋)で、資源となるように、出しましょう。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境推進課廃棄物対策係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1829

所属課室:環境推進課廃棄物対策係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1829

ページの先頭へ戻る