ホーム > イベント・観光 > 笠戸島の「摺鉢山(すりばちやま)」が『しま山100選』に選ばれました

イベント・観光 下松7つ星めぐり

ここから本文です。

更新日:2020年2月6日

笠戸島の「摺鉢山(すりばちやま)」が『しま山100選』に選ばれました

shimayama100sen.jpg tenguiwa.JPG

摺鉢山(すりばちやま):229m(PDF:1,091KB)

摺鉢山は、笠戸島の東北部に位置します。(位置図(外部サイトへリンク)

「瀬戸遊歩道」を歩いて摺鉢山に登るハイキングコースから「スカイ1号」に回ると、眺望を楽しみながら、島の北部を巡ることができます。

コースの途中には、数カ所ビュースポットがあり、木々の間から笠戸大橋を望めるスポットや、「天狗岩」と呼ばれる岩の上から笠戸島の東側海岸が望める絶景スポットがあります。

また「見晴らしの丘」からは、2016年11月にグランドオープンを迎えた「国民宿舎大城」を山の上から望むことができます。

笠戸島家族旅行村へもコースが繋がっており、軽食を取りながら一息入れる場所として最適です。

『しま山100選』とは

 (公財)日本離島センターでは、海に囲まれた島の山々の個性や魅力にスポットをあて、全国の島々を対象に、「しま山100選」を選定しました。「しま山」を通じて、訪れる人にも、島の人にも、島の魅力を再発見してもらい、交流の促進につなげていくことがねらいです。

そもそも島とは、海の底から立ち上がった山であり、その姿は高山のような雄大さがありますが、海抜にすれば1,000メートル以上のしま山は少なく、体力をあまり気にせずに頂を極める満足感が得られ、一年を通じて楽しめる山が多いことが魅力です。草花や生きもの、地形や地質、全方位のパノラマや多島美、史跡など、しま山ならではの特別な宝物にも出会えるかもしれません。

海を渡ると、そこは島時間。日常からちょっと離れて、島旅・山旅にでかけてみましょう。山から島を眺めれば、島の形や人々のくらしの場、島を囲む美しい海や砂浜、遠くの島々まで見渡すことができ、その島をもっと身近に、もっと好きになれるはずです。

公表日

平成28年11月26日(土)・27日(日)に東京・池袋で開催された「アイランダー2016(主催:国土交通省・日本離島センター)」において、「しま山100選」の公表が行われました。【来場者:2日間で1万人超】

主催者

公益財団法人 日本離島センター

選定方法

  • 島の関係市町村からの推薦により、選定候補をリスト化。
  • 島の専門家、山の専門家などの有識者からなる選定会議を設置。
  • 眺望や資源、達成感、地域バランスなどを考慮し、「いかにも島らしい」と感じられる山を、選定会議の合議により選定。

リンク

資料

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光課観光振興係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1841

ファックス番号:0833-45-1849

ページの先頭へ戻る