ホーム > くらし・手続き > 国民年金・国民健康保険 > 平成29年分の医療費通知(医療費のお知らせ)について

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

平成29年分の医療費通知(医療費のお知らせ)について

平成29年分確定申告に下松市国民健康保険及び後期高齢者医療制度の医療費通知は使用できません。

 

 下松市国民健康保険では、医療機関等を受診された医療費の総額を知っていただき、医療費の適正な受診についての認識を深め、日頃の健康管理に役立てていただくために2か月に1度、世帯主様あてに、世帯の方が医療機関等を受診した際の医療費の総額(10割:受診した方が支払った額ではありません)を記載した「医療費通知(医療費のお知らせ)」をお送りしています。(後期高齢者医療制度については被保険者の方宛にご本人の総額をお知らせしています。) 

 

 平成29年度の所得税法の改正により、平成29年分確定申告の医療費控除について、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。医療費通知を医療費明細書として添付すれば、明細書の記入を一部省略することが可能となりました。

 しかし、平成29年分(平成29年1月~12月)の下松市国民健康保険及び山口県後期高齢者医療広域連合が発行する医療費通知においては、医療費控除の申告ができる要件を満たしていないため、医療費の明細書に代えることができません。 

 下松市国民健康保険及び山口県後期高齢者医療制度の加入者で医療費控除の申告をされる場合は、お手数ですがご自身で「医療費控除の明細書」を作成していただくようお願いします。なお、領収書については、5年間保存する必要があります。(税務署から求められたときは提示または提出しなければなりません。)

 添付が可能な医療費通知には以下の項目が必要となります。現在発行している下松市国民健康保険と山口県後期高齢者医療保険の医療費通知については、「被保険者が支払った医療費の額(下記5)」の記載がないため、平成29年分の医療費控除の申告には使用できません。

医療費通知記載項目

  • 1 被保険者の氏名
  • 2 療養を受けた年月
  • 3 療養を受けた者の氏名
  • 4 療養を受けた病院、診療所、薬局その他の者の名称
  • 5 被保険者が支払った医療費の額
  • 6 保険者の名称

 

今後の予定について

 平成30年以降につきましては、医療費控除の申告に対応できるよう準備を進める予定です。

関連リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保険年金課国民健康保険係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1823

ページの先頭へ戻る