ホーム > くらし・手続き > 国民年金・国民健康保険 > 国民健康保険とは

くらし・手続き

ここから本文です。

更新日:2018年9月10日

国民健康保険とは

国保に加入する人

75歳未満の人で、職場の健康保険の加入者またはその扶養家族、生活保護を受けている人などを除き、すべての人が国保の加入者(被保険者)となります。

加入の手続はされていますか?

  • お店などを経営している自営業の人
  • 退職などで職場の健康保険をやめた人やその被扶養者となっていた人
  • パートやアルバイトなどで、職場の健康保険に加入してない人
  • 農業や漁業などを営んでいる人

保険証

下松市では1人に1枚、カード式の保険証が交付されます。お医者さんにかかるときに必要となりますので、大切に保管しましょう。

更新時には、有効期限(次回:平成31年7月31日)が切れる前に新しい保険証を簡易書留でお送りします。

平成31年8月以降、保険証と高齢受給者証(70歳以上~75歳未満の方に配布)を一体化する予定となっております。それに伴い、今回お送りしている保険証の有効期限が7月末となっております。

国保税を滞納すると(特別な理由がある場合を除く)

災害や盗難など、特別な事情がある場合を除いて、未納の期間によって保険証の有効期限が短くなるなど、それに応じた措置がとられます。

経済的な事情などで、国保税を納めることが難しい場合、納付相談に応じています。

滞納になる前に納付相談をして、適正な納付につとめましょう。

お問い合わせ

所属課室:保険年金課国民健康保険係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1823

ページの先頭へ戻る