ホーム > くらし・手続き > 都市整備 > 下松市の花と緑 > 2018年(平成30年)下松市内の開花状況

ここから本文です。

更新日:2018年7月6日

2018年(平成30年)下松市内の開花状況

現在の開花状況をお知らせします。

過去の開花状況は以下の通りです。

その他、下松市内の花の名所について

 その他

その他の開花情報をお知らせします。

写真

月日(曜日)

状況

ブーゲンビリア1(JPG:88KB) 7月4日(水曜日)

国民宿舎大城の隣にある外史公園のブーゲンビリアが見頃です。元々建て替え前の大城にあったものを移植しています。色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)で、実際の花は中央部にある小さな3つの白い部分になります。

ブーゲンビリア2(JPG:78KB)

ハンカチノキ01(JPG:110KB) 4月13日(金曜日)

中央線のハンカチノキが開花しました。下松小学校の前にあります。花についた白い大きな2枚の苞(ほう)が垂れ下がり、白いハンカチのように見えることからつけられました。

ハンカチノキ02(JPG:107KB)

シャクナゲ01(JPG:101KB) 4月13日(金曜日)

米泉湖公園のシャクナゲが開花しました。芝生広場の周りにあります。

シャクナゲ02(JPG:78KB)

アマノガワ01(JPG:99KB) 4月10日(火曜日)

中央線のアマノガワが開花しました。ザ・モール周南の北側にあります。

アマノガワはサトザクラの栽培品種で、明治期の荒川堤から広がっています。細い枝が横に伸びずに上向きに伸びる、円筒形の樹形が特徴です。

アマノガワ02(JPG:85KB)

ハナミズキ01(JPG:137KB) 4月10日(火曜日)

大手線のハナミズキが開花しました。公集小学校と下松工業高校の間にあります。

ハナミズキ02(JPG:119KB)

ポピー

下松スポーツ公園の春の花の広場を彩り、満開時には多くの方が花を楽しまれています。ケシ科ケシ属の一年草で草丈50cm~1m程度になります。ケシの総称としてポピーと呼ばれることもありますが、ポピーは別名ヒナゲシと言われています。下松スポーツ公園では、5月上旬~中旬にかけて見頃となり、下旬まで花を楽しむことができます。

 

写真

月日(曜日)

状況

0522ポピー01(JPG:161KB) 5月22日(火曜日)

下松スポーツ公園のポピーが引き続き見頃です。来週まで見頃と思われます。

0522ポピー02(JPG:118KB)

ポピー1(JPG:139KB) 5月11日(金曜日)

下松スポーツ公園のポピーが見頃を迎えました。

ポピー2(JPG:110KB)

0501ポピー01(JPG:102KB) 5月1日(火曜日)

下松スポーツ公園のポピーが開花しました。見頃は5月中旬と思われます。

下松スポーツ公園:開花範囲=約3,300平方メートル、本数=約109,000本

 ネモフィラ

耐寒性一年草で、草丈10-20cm、花は4月-5月に開花し、花径2cmくらいで、白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部に黒い点が5つあり、白色花もあります。属名は「林を愛する」の意味で、茂みの中の明るい日だまりに自生していることによります。

国営ひたち海浜公園のネモフィラが有名です。

写真

月日(曜日)

状況

ネモ01(JPG:182KB) 4月18日(水曜日)

下松スポーツ公園のネモフィラが引き続き見頃です。

見頃は4月末までと思われます。

ネモ02(JPG:135KB)

ネモ03(JPG:77KB)

H300412スポーツ公園ネモフィラ01(JPG:149KB) 4月12日(木曜日)

下松スポーツ公園のネモフィラが引き続き見頃です。

H300412スポーツ公園ネモフィラ02(JPG:138KB)

H300409スポーツ公園ネモフィラ01(JPG:128KB) 4月9日(月曜日)

下松スポーツ公園のネモフィラが見頃を迎えました。

H300409スポーツ公園ネモフィラ02(JPG:81KB)

H300402supokou-nemo01(JPG:164KB) 4月2日(月曜日)

下松スポーツ公園のネモフィラです。今年新しく植栽した種類になります。青い花が少しづつ増えてきました。

下松スポーツ公園:開花範囲=約820平方メートル、本数=約6,500本

H300402supokou-nemo02(JPG:123KB)

 シダレザクラ

エドヒガンの小枝が垂れた品種です。花は径約3.0cmで平開形で一重咲きですが、花色や大きさなどに変異が見られ、多くの品種が作られています。葉は開花後に展開します。

下松市では、平成13年度より市内に順次シダレザクラを植栽しており、平成30年3月現在、約4,100本になります。おもな植栽地は、下松スポーツ公園・花岡記念の杜・下松公園・葉山交流シティー・米泉湖公園などです。

下松スポーツ公園には、花の広場を中心に約330本植栽しています。

写真

月日(曜日)

状況

H300402supokou-shidare01(JPG:140KB) 4月2日(月曜日)

下松スポーツ公園のシダレザクラが見頃を迎えました。菜の花と同時に楽しめます。

H300402supokou-shidare02(JPG:133KB)

華陵高校北側にある記念の杜のシダレザクラが見頃を迎えました。こちらも菜の花と同時に楽しめます。

H300402kinennno-shidare01(JPG:109KB)

H300402kinennno-shidare01(JPG:118KB)

H300329スポーツ公園01(JPG:87KB) 3月29日(木曜日)

下松スポーツ公園のシダレザクラが咲き始めました。ウォーキングロードまわりは来週見頃を迎え、菜の花と同時に楽しめると思われます。

一部のシダレザクラは見頃を迎えました。

H300329スポーツ公園02(JPG:119KB)

H300329スポーツ公園03(JPG:134KB)

下松公園のシダレザクラは見頃を迎えました。ソメイヨシノと同時に楽しめます。

H300329下松公園04(JPG:150KB)

H300329下松公園05(JPG:119KB)

20180323スポーツ公園02(JPG:59KB) 3月23日(金曜日)

下松スポーツ公園のシダレザクラです。蕾が少しづつ膨れてピンク色になっています。

一部咲いているシダレザクラもありますが、見頃は4月上旬~中旬と思われます。

 ソメイヨシノ

本州・四国・九州のサクラ開花標本木であり、春季に南から北上するサクラの開花前線は、よく知られています。接木で増殖され、遺伝子が同じ(クローン)なので、同じ環境下においては、ほぼ同時に開花します。

遺伝子研究の結果、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできたことが判明しています。

現在、切戸川(JR山陽本線~国道188号線)には、137本のソメイヨシノが生育しています。一部規制はありますが、河川敷きに入られるので、河川敷き内でお花見を楽しむことができます。

写真

月日(曜日)

状況

H300402beisennko-somei01(JPG:100KB) 4月2日(月曜日)

米泉湖公園のソメイヨシノが見頃です。

H300402beisennnko-somei02(JPG:80KB)

H300329切戸川01(JPG:103KB) 3月29日(木曜日)

切戸川沿いのソメイヨシノです。見頃を迎えました。来週まで見頃と思われます。

H300329切戸川02(JPG:159KB)

H300329切戸川03(JPG:100KB)

H300329切戸川04(JPG:126KB)

下松公園のソメイヨシノも見頃を迎えました。こちらも来週まで見頃と思われます。シダレザクラも見頃で同時に楽しめます。

H300329下松公園01(JPG:115KB)

H300329下松公園02(JPG:99KB)

H300329下松公園03(JPG:106KB)

20180323切戸川01(JPG:71KB)

3月23日(金曜日)

切戸川沿いのソメイヨシノです。

蕾が膨らんでピンク色になりました。

H30切戸川01(JPG:70KB)

3月20日(火曜日)

切戸川沿いのソメイヨシノのです。

蕾が膨らんできました。

H30切戸川01(JPG:54KB)

3月16日(金曜日)

切戸川沿いのソメイヨシノのです。

現在は蕾です。

菜の花

春の訪れを感じることができる『菜の花』は、アブラナ科アブラナ属の植物の総称として用いられています。

古くから、食用・観賞用・修景用に用いられています。

今年は、記念の杜・玉鶴花壇(市民運動場前)・米川(米泉湖北側)・下松スポーツ公園などで育成しています。

写真

月日(曜日)

状況

H300402supokou-nanohana01(JPG:132KB) 4月2日(月曜日) 下松スポーツ公園の菜の花は引き続き見頃です。シダレザクラも見頃で一緒に楽しめます。
H300329スポーツ公園04(JPG:152KB) 3月29日(木曜日) 下松スポーツ公園の菜の花が見頃です。来週にはシダレザクラと一緒に楽しめると思われます。
20180323記念の杜01(JPG:158KB) 3月23日(金曜日)

記念の杜の菜の花が見頃です。

駐車場は、華陵高校入口にある、花岡墓地の駐車場をご利用ください。同駐車場から、横断歩道で県道を渡り、約50mほど米泉湖方面に上がった所に、団地に入る道があり、真っ直ぐ進むと記念の杜です。

20180323記念の杜02(JPG:136KB)

下松スポーツ公園の菜の花は4~5分咲きです。

下松スポーツ公園:開花範囲=約1,500平方メートル、本数=約49,000本

20180323スポーツ公園01(JPG:200KB)

記念01(JPG:99KB) 3月14日(水曜日)

記念の杜の菜の花は3~4分咲きです。

見頃は来週と思われます。

記念02(JPG:100KB)

H300309記念の杜01(JPG:100KB)

 

3月9日(金曜日)

記念の杜の菜の花が咲き始めました。

シダレザクラの開花(4月上旬)と合わせて、同時に楽しめます。

記念の杜:開花範囲=約750平方メートル、本数=約25,000本

H300309記念の杜02(JPG:99KB)

 カワヅザクラ

花は淡紅色で、花弁は5枚の一重咲き、花の径は4~4.5cmで下向きに咲きます。
原木は、1955年頃に、野生種を静岡県伊豆の河津に移植されたと言われています。河津町では川沿いに多く植えられて、2月中旬から1ヶ月ほど開花し、観光名所となっています。オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交雑種と推定されています。

笠戸島で一番大きなカワヅザクラは、標高250mから笠戸湾を見渡せる丘にある家族旅行村と県道笠戸島線を結ぶ散策路内にあります。昭和51~53年頃に植栽されました。

カワヅザクラの開花は、下松に春の訪れを教えてくれる風物詩の一つと言えます。

写真

月日(曜日)

状況

H20180314農業公園01(JPG:100KB) 3月14日(水曜日)

来巻にある下松市農業公園のカワヅザクラが咲き始めました。

H20180314農業公園02(JPG:98KB)

H300312大城02(JPG:99KB) 3月12日(月曜日)

大城入口は満開で、菜の花と合わせて見頃です。

H300312大城01(JPG:100KB)

H300312大城03(JPG:100KB)

県道沿いも満開です。

H300312県道01(JPG:99KB)

家族旅行村下の散策路も満開です。

H300312旅行村01(JPG:98KB)

H300306県道01(JPG:100KB) 3月6日(火曜日)

県道沿いのカワヅザクラは6~7分咲きで見頃を迎えました。

H300306県道02(JPG:99KB)

大城入り口は3~4分咲きで週末には見頃を迎えそうです。

H300306大城01(JPG:100KB)

家族旅行村下の散策路には笠戸島で一番大きいカワヅザクラがあります。そちらは3~4分咲きで週末には見頃を迎えそうです。

H300306旅行村01(JPG:100KB)

H300306行先01家族旅行村下散策路の位置図(JPG:99KB)

H300302県道沿い01(JPG:100KB) 3月2日(金曜日)

県道沿いのカワヅザクラは1~2分咲きです。見頃は来週と思われます。

H300302県道沿い02(JPG:100KB)

外史公園のカワヅザクラも咲き始めました。外史公園にはスイセンも咲いています。

H300302外史02(JPG:100KB)

H300302外史03(JPG:100KB)

大城入口も来週以降に見頃を迎えそうです。引き続き菜の花が咲いています。

H300302大城01(JPG:100KB)

H300302大城02(JPG:99KB)

 

笠戸カワヅザクラH300220(JPG:94KB) 2月20日(火曜日)

大城入口のカワヅザクラが開花しました。見頃は、2月末~3月上旬だと思われます。

大城入口には菜の花も開花しています。

笠戸菜の花H300220(JPG:100KB)

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:都市整備課公園緑化係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1857

ページの先頭へ戻る