ホーム > くらし・手続き > 国民年金・国民健康保険 > 国保に加入するとき・やめるとき

くらし・手続き

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

国保に加入するとき・やめるとき

国保加入、脱退の届け出

国保加入の届け出

必要なもの

すべて

  • マイナンバーが確認できるもの
  • 身分確認書類

※詳しくはこちらをご確認ください。

市外から転入したとき

転入手続きの後に、国保で加入手続きを行います。
※平成30年1月2日以降に下松市に転入された場合、前住所地での所得課税証明書の提出をお願いする場合があります。

職場の健康保険をやめたとき

  • 健康保険の喪失日が証明できるもの(資格喪失証明書、離職票など)

子どもが生まれたとき

  • 世帯主の名義の口座番号
  • 世帯主の印かん

生活保護を受けなくなったとき

  • 保護廃止通知書

加入の届け出が遅れると・・

  • 加入者は、国保に届け出をした日からではなく、資格が発生した時点(会社をやめた日の翌日など)までにさかのぼって保険税を納めることになります。
  • 保険証がない間の医療費は全額自己負担になりますのでご注意ください。

お届けは14日以内に!

国保脱退の届け出

必要なもの

すべて

 

  • マイナンバーが確認できるもの
  • 身分確認書類

※詳しくはこちらをご確認ください。

市外へ転出するとき

  • 国保の保険証

進学で下松市から転出するとき
(引き続き下松市の国保証が使えます)

  • 国保の保険証
  • 進学したことがわかる書類
    (在学証明書(原本))

職場の健康保険に加入したとき

  • 職場の健康保険証
  • 国保の保険証

生活保護を受けることになったとき

  • 保護開始決定通知書
  • 国保の保険証

加入者が死亡したとき
(葬祭費の支給が受けられます)

  • 死亡した人の国保の保険証
  • 会葬礼状または葬儀費用の領収証
  • 葬祭執行人の名義の通帳
  • 葬祭執行人の印かん
  • 葬祭執行人の身分証明書(運転免許証など)

やめる届け出が遅れると・・

  • 職場の健康保険などの保険料と国保の保険税が二重でかかってしまいます。
  • 他の健康保険に加入していながら、下松市国保の保険証を使って医療を受けていた場合には、本来他の健康保険が負担するべき医療費まで下松市国保が負担してしまいます。この場合、保険証を使用した方の世帯主に下松市国保から支払われた医療費を返還していただき、改めて社会保険等に請求しなおしていただく手続きが必要となります。

お届けは14日以内に!

 

お問い合わせ

所属課室:保険年金課国民健康保険係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1823

ページの先頭へ戻る