ホーム > くらし・手続き > 住まい > 住宅・建築物耐震化促進事業 > 木造住宅の無料耐震診断および耐震改修費用の一部を補助します

ここから本文です。

更新日:2016年10月1日

木造住宅の無料耐震診断および耐震改修費用の一部を補助します

地震による建物の倒壊被害の対策としては、建物の耐震性を診断により確認し、耐震基準を満たしていない場合には補強を行うなど、建物の地震に対する安全性を向上させることが大切です。

市では、皆さんが所有する建物について「耐震診断」や「耐震改修」を行う場合、診断員の無料派遣や費用の一部を補助する制度を行っています。

木造住宅の「無料耐震診断」

対象となる住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された、市内にある3階建て以下の戸建て木造住宅
  • 専用住宅又は併用住宅(住宅部分の床面積が延床面積の2分の1以上のもの)

耐震診断を行う者(診断員)

  • 建築士法第23条の規定に基づく登録を受けた建築士事務所に所属する建築士であること。
  • 「山口県無料耐震診断員派遣方式・診断員名簿(山口県作成)」に登載されている者。

診断員の派遣

  • 費用無料
  • 派遣する診断員は、建築士会が調整します。(※希望する建築士がある場合は、耐震診断員名簿から選ぶこともできます。)
  • 診断員を派遣し、耐震診断(現地調査)を行います。(※診断は、平成28年12月28日(水曜日)までに完了すること。)

募集内容

  • 募集戸数:15戸(先着順)
  • 受付期間:平成28年5月9日(月曜日)~10月31日(月曜日)

申請方法

対象要件などを窓口で確認の上、申請書を提出してください。必要書類は申請書に記載してあります。

申請するときの様式

その他の様式

 

木造住宅の「耐震改修」 

補助対象

  • 昭和56年5月31日以前に着工された、市内にある3階建て以下の戸建て木造住宅
  • 上部構造評点が1.0未満と診断された木造住宅を、0.7以上とする耐震改修工事(ただし、改修前より向上すること)であること。
  • 工事が、平成28年12月28日(水曜日)までに完了すること。

補助金額

  • 耐震改修に要する経費の3分の2(限度額30万円)

耐震改修事業者の選定

  • 耐震改修事業者は、ご自身で選定してください。
  • 設計と施工の契約は、一体契約でも分離契約でも構いません。
  • 耐震改修に要する費用(設計費・工事費)の見積書の提出を依頼してください。

募集内容

  • 募集戸数:2戸(先着順)
  • 受付期間:平成28年5月9日(月曜日)~9月30日(金曜日)

         今年度の受付は終了しました。来年度も実施を予定しています。

申請するときの様式

その他の様式

 

次のような建物の耐震診断についても補助を行います。

補助対象

昭和56年5月31日以前に着工された、市内にある次のいずれかに該当する建物

  • 一定規模以上の公共的な建物(保育所・病院・福祉施設など)
  • 倒壊した場合に緊急輸送道路の通行を妨げる可能性のある建物

※窓口までご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:住宅建築課 

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1851

ファックス番号:0833-44-3613

ページの先頭へ戻る