ホーム > くらし・手続き > 公共交通

ここから本文です。

公共交通

 下松市では、環境にやさしい交通手段である公共交通の積極的な利用を促進するとともに、事業者等と連携し、路線網の維持・確保に取り組んでいます。また、子どもから高齢者まで、誰にとっても安全で利用しやすい交通環境づくりを目指しています。

【お知らせ】

  「下松市地域公共交通網形成計画」を策定しました。(H29.6.30)

 この計画は、市民にとって便利で利用しやすく、将来にわたり持続可能な公共交通体系を構築するため、関係者と連携し策定した公共交通政策のマスタープランです。

下松市地域公共交通活性化協議会 

 下松市では、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」及び「道路運送法」に基づき、「下松市地域公共交通活性化協議会」を設置しました。

 この協議会では、公共交通に関する計画の作成及び実施に関する協議や、住民生活に必要な交通の確保、地域の実情に応じた輸送サービスの実現などに必要となる事項について協議を行います。

下松市コミュニティバス(米泉号)

 令和元年10月1日(火曜日)より米川地区と花岡地区を結ぶコミュニティバスの運行が始まります。

 コミュニティバスの乗降に予約が必要な場所については、乗車前日が開庁日の場合は15時30分までに米川公民館(53-0001)に、閉庁日の場合は周南近鉄タクシー株式会社(41-0100)への電話予約が必要です。

 詳細については、以下のチラシに記載された内容及び乗降場所マップ等をご覧ください。

JR岩徳線利用促進委員会 

 JR岩徳線利用促進委員会(岩国市、周南市、下松市、山口県、西日本旅客鉄道㈱)では、JR岩徳線の維持・活性化に向けて、様々な企画を実施しています。

 このたび、JR山陰線を走る観光列車「〇〇のはなし」の車両を活用した企画列車の運行を令和2年2月13日(木)に実施します。運行内容や申し込み方法等の詳細につきましては、以下の内容をご覧ください。

リンク集

  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る