ホーム > 傷病手当金の支給(新型コロナウイルス感染症関連)

ここから本文です。

更新日:2021年6月22日

傷病手当金の支給(新型コロナウイルス感染症関連)

国保加入者が新型コロナウイルス感染症に感染し、又は発熱等の症状があり感染が疑われることにより、その療養のため会社等を休み、休んだ期間に係る給与等の全部又は一部の支払が受けられない場合は、傷病手当金が支給されます。

支給要件等

対象者

次の4つの条件を全て満たす方

  • 下松市国民健康保険の被保険者であること。
  • 雇用されており、事業主から給与、賃金等の支払を受けていること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染し、又は発熱等の症状があり感染が疑われることにより、その療養のため労務に服することができなかった就労予定日が3日以上あること。
  • 労務に服することができなかったことにより、給与、賃金等の支払を受けられないか、一部減額されて支払われていること。

支給対象日数

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち就労を予定していた日数

支給額

(直近の継続した3か月の給与収入の合計額÷同就労日数)×3分の2×支給対象日数

≫給与等の全部又は一部が支払われている場合は、支給額が減額されたり支給されないことがあります。

≫支給額には上限があります。

適用期間

令和2年1月1日から令和3年9月30日までの間で療養のため労務に服することができない期間(入院が継続する場合は、最長1年6か月)

※対象期間の末日が令和3年6月30日から令和3年9月30日に変更されました。

申請手続

申請書類

次の申請書及び添付書類の提出が必要です。有料の証明書も含まれますので、申請書等を作成される前に、傷病手当金の支給対象となるかについて保険年金課までお問い合わせください。

≫医療機関を受診していない場合は、診療状況証明書の添付は不要となりますが、代わりに医療機関受診状況届に事業主の証明をしてもらう必要があります。

≫診療に係る領収書の写しの提出をお願いする場合があります。

提出先

原則として、郵送により、保険年金課国民健康保険係宛てに提出してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保険年金課国民健康保険係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1823

ページの先頭へ戻る