ホーム > くらし・手続き > ごみ・し尿 > 新型コロナウイルスなどの感染症対策(ごみ関連)

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルスなどの感染症対策(ごみ関連)

新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方についてまとめています。

ご家族にとっても、ごみを収集・処理する作業員にとっても大切な行動ですので、ご協力をお願いいたします。

ご家庭でのごみの捨て方

特に、感染症に感染した方や、感染の疑いがある方がいる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際には、以下のことを心がけてごみを出しましょう。

  1. ごみ箱にごみ袋をかぶせて、その中にごみを入れます。
  2. いっぱいになる前に早めにごみ袋をしばって封をしましょう。
  3. 下松市の「指定ごみ袋(燃やす袋ごみ)」に入れてごみの日に出しましょう。
  4. ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

感染の疑いのあるごみは、ビニール袋に入れて密閉した状態で、下松市の「指定ごみ袋(燃やす袋ごみ)」に入れてください(二重袋)

医療関係機関や、その廃棄物を取り扱う事業者向け

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境推進課 

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1829

ファックス番号:0833-45-1777

ページの先頭へ戻る