ホーム > 安全・安心 > 防犯・交通安全 > 防犯灯助成事業 > 防犯灯維持管理費助成

ここから本文です。

更新日:2021年4月27日

防犯灯維持管理費助成

下松市では、自治会が管理する防犯灯の更新や移設等に関する費用の一部を助成しています。

助成対象

取替(使用不能又は老朽化のため既存のLED防犯灯を新たなLED防犯灯に取替える場合)

 修理(既存のLED防犯灯を移設、方向調整、カバー取付、撤去する場合)

 支柱(LED防犯灯を設置する際に支柱が必要な場合、既存の支柱を撤去する場合)

対象期間

 令和3年4月1日から令和4年3月31日までに自治会が行った工事

申請書類

工事終了後に市生活安全課に次の申請書類を提出してください。

 (1)防犯灯維持管理費助成申請書(別記第1号様式)(PDF:81KB)【(1)申請書の記載例】(PDF:140KB)

(2)位置図・【位置図の記載例】(PDF:121KB)

(3)領収書のコピー、工事内容が分かる明細

(4)工事後の写真

(5)振込先通帳のコピー

防犯灯の管理

適切な維持管理

 防犯灯は自治会の所有物ですので、器具の破損や取付状況の点検及び修理、正常な動作の確認、管球等の交換、電気料金の支払い、防犯灯の移動や不要になった防犯灯の撤去など適切な維持管理をお願いします。

LED化されていない防犯灯がある場合

 市内の自治会が管理する防犯灯は令和元年度にLED化が完了しましたが、自治会内にLED化されていない防犯灯が見つかった場合は、市生活安全課に連絡をお願いします。

防犯灯が落下するなどにより第三者に被害を与えた場合

 市では自治会活動支援を目的に防犯灯の事故に備え「損害賠償責任保険」に加入しています。防犯灯の落下等により第三者に被害を与えた場合は、市生活安全課に連絡をお願いします。

 休日や夜間の場合は市警備員室(45-1700)に連絡をお願いします。

損害賠償責任保険の対象となる事例、対象とならない事例

 【対象となる事例】

 ・防犯灯が落下し、下を歩いていた通行人に怪我を負わせた

 ・防犯灯が落下し、通行(停車)していた車両にキズを付けた

 【対象とならない事例】

 ・保険契約者または被保険者の故意によって生じた賠償責任事故

 ・地震、噴火、洪水、津波またはこれらに類似する自然現象に起因する賠償責任事故など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活安全課安全安心係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1828

ページの先頭へ戻る