ホーム > 福祉・健康 > 障害者福祉 > 笑いでハートチャージ交流会について

ここから本文です。

更新日:2019年11月20日

笑いでハートチャージ交流会について

趣旨・目的

障害者、生活困窮者、高齢者、母子等々と対象者別に公的支援がなされてきた影響で、地域住民の考え方も縦割り的にとらえがちな社会情勢となっており、様々なところで関係の希薄化が進んでいます。障害分野においても同様で、その兆候として、既存の障害者団体の高齢化が進んでいる一方、若年層では交流の場を求める声があるのが現状です。地域共生社会の実現が叫ばれる昨今、その基盤づくりとしての企画です。

いかなる状況下でも、「楽しむ」ことは人々の自然な欲求であり、共通概念です。そこで、「楽しむ」のツールの一つである「笑い」をテーマに、交流の機会を設け、一般と障害者、異なる障害者同士、障害者とその家族、障害者と支援機関等、それぞれの間の心の壁が溶けるよう、あらゆる側面から障害者の理解促進を図り、理解促進・交流活動・意見交換の活発化に繋げて行きます。

笑いでハートチャージ交流会3を開催します。

テーマ:笑いと音楽のコラボ、みんなでつくる交流の場♡

1.日時 令和2年1月26日(日曜日)13時00分~15時45分(12時30分開場)

2.場所 スターピアくだまつ展示ホール(下松市中央町21-1)

3.主催 下松市

4.対象者 障害をお持ちの方及び障害理解に関心のある方ならどなたでも

5.定員 200名程度

6.内容 (手話通訳・要約筆記あり)

  • お笑いタイム(寄席・漫才)
  • 音楽タイム(マリンバ&ピアノ&ドラム&エレキギター演奏)
  • 笑いと音楽のコラボ交流タイム(なぞかけクイズ、パプリカ演奏&歌&ダンス)

7.司会 先濱瑞恵

8.ゲスト

  •  山口県住みます芸人山口ふく太郎・ふく子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
  •  下松笑待夢隊(くだまつしょうたいむたい)※~笑顔を待つのが夢たい~

 <武居輝樹、藏清友哉、左海誠司、岡本英樹&平尾寛(風雷坊)、杉村真理子>

9.参加料 無料

笑いでハートチャージ3_チラシ画像10.申込方法

1月22日(水曜日)までに、ファクスまたはメール・お電話にてお申し込みください。

11.申込み・問合せ先

下松市福祉支援課障害福祉係

(電話0833-45-1835/Fax0833-41-6220)

メール:fukushien@city.kudamatsu.lg.jp

◆「笑いでハートチャージ交流会3」実施要領(PDF:147KB)

◆チラシ(裏付)(PDF:644KB)

◆申込様式(ワード)

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の交流会の様子

過去の交流会 交流会1 交流会2

開催日

平成30年8月4日(土曜日)

平成31年1月26日(土曜日)

ポスター

笑いでハートチャージ交流会PRポスター

 

H310126笑いでハートPRチラシ表面のみ

 

当日の様子等

こちらをクリック↓↓

こちらをクリック↓↓

アンケート結果

こちらをクリック↓↓

こちらをクリック↓↓

★第1回目と2回目に募集しました「ざ・たうんみーてぃんぐ地域課題・アイデア募集」についてはたくさんのご応募ありがとうございました。1回目に出された地域課題はこちらから見ることができます。すぐに解決できない課題もありますが、まずは皆で共有しあうことからです。そして、話し合いを重ね、できることから取り組んでいきましょう。

 

 

 



お知らせ

  • 手話通訳・要約筆記対応です。また、ヒアリングループ(補聴器を装用されている方に音声がはっきり聞こえる装置)のスペースを設けます。利用を希望される方は、事前にご連絡されるか、当日、会場でお申し出ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:福祉支援課障害福祉係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1835

ページの先頭へ戻る