ホーム > くらし・手続き > 都市整備 > 都市計画について > 現在事業中の都市計画道路

ここから本文です。

更新日:2020年8月4日

現在事業中の都市計画道路

都市計画道路大海線を整備中です。

道路事業

都市における道路は、人と車の円滑な交通を確保する空間だけでなく、市街地の誘導や街区形成の基となり都市の骨格として、土地利用計画とともに都市生活を支える根幹的役割を担っております。

都市計画道路事業とは、都市施設として都市計画決定した道路(街路)のうち、事業者が事業認可を取得し、事業を実施することを言います。

事業認可とは、都市計画法の規定に基づき、認可権者(国土交通大臣又は都道府県知事)が事業者からの認可申請に対して与える行政処分のことで、事業認可がなされると、事業の障害となる土地の形質変更や建物の建築等について制限が働くことや事業地内の土地建物の先買い権が付与されるなど法的効果が発生します。

周南都市計画道路事業3・4・217大海線

本路線は、都市計画道路大手線を起点とし、都市計画道路末武大通線と交差し、都市計画道路川端通線を終点とする、下松市を東西方向に貫く幹線道路です。

中部土地区画整理事業の進捗と都市計画道路末武大通線の開通により、利便性が増したことで、周辺地区に商業施設やアパート等が建設され、交通量が増加しましたが、市街地を東西方向に貫く幹線道路が不足し、交通混雑が生じていました。

中部土地区画整理事業で整備した都市計画道路大海線の整備に合わせ、市道平田昭和通りから都市計画道路末武大通線までの区間を整備することで、交通の円滑化を図るとともに、安全性を確保し、利便性を高めるものです。

  • 事業認可期間:平成28年7月15日~令和5年3月31日
  • 事業地:下松市潮音町1丁目、2丁目
  • 延長:258m
  • 幅員:16m(2車線)

お問い合わせ

所属課室:都市整備課街路整備係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1855

ファックス番号:0833-45-1830

ページの先頭へ戻る