ホーム > 市政情報 > 組織から探す > 生涯学習振興課 > 下松市二十歳のつどい(旧成人式) > 下松市成人式の名称変更について

ここから本文です。

更新日:2022年9月22日

下松市成人式の名称変更について

令和4年度以降の「成人式」の名称について

民法の改正により、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。これに伴い下松市では、これまでの成人式と同様に、20歳を対象とした式典を開催することから、「成人式」という名称を次の通り変更します。

式典の名称

「下松市二十歳(はたち)のつどい」

開催目的

二十歳を迎える市民を祝い激励するとともに、成人としての社会的責任及び周囲への感謝を再認識し、ふるさとくだまつへの愛着を深めることを目的とする。

令和4年度以降の下松市成人式について

民法の改正により、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

このたび、令和4年度(令和5年1月開催)以降の下松市成人式の開催方針を決定しましたのでお知らせします。

  • 対象年齢

 20歳とします。(実施年度内に20歳になる者)

【理由】

  1. 20歳を対象とすることが市民に定着しているため。
  2. 飲酒、喫煙等が法律上可能となる20歳をもって、成人としての自覚を改めて促す機会とするため。
  3. 18歳を対象とする場合、対象者の多くが進学や就職を控えた年齢であり、進路選択のための本人や家族の負担が大きいため。
  4. 令和4年度の開催において、18歳~20歳が対象となり、対象者を収容できる施設がないため。
  • 実施時期

 成人の日(1月の第2月曜日)の前日の日曜日

【理由】

  1. 下松市では成人の日(1月の第2月曜日)の前日に成人式を行うことが定着しているため。
  2. 市外転出者にとって、3連休の中日であれば出席しやすいため。
  • 式典名称

「(仮称)下松市二十歳(はたち)のつどい」

式典の名称は、20歳の節目にふさわしい名称を今後検討します。

お問い合わせ

所属課室:生涯学習振興課社会教育係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1870

ページの先頭へ戻る