ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 予防接種について > 新型コロナウイルスワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2021年10月21日

新型コロナウイルスワクチン接種について

NEW予約不要の新型コロナウイルスワクチン接種を実施します。

11月 6日(土)14:15~16:15

2回目の接種日時は11月27日(土)14:15~16:15になります。

場 所:下松市休日診療所

持ち物:接種券、予診票(事前にご記入ください)、本人確認書類

対象者:下松市民で満12歳以上の未接種者(高校生以下は保護者の同伴が必要です)

※13:00から整理券を配布します。

※定員(60名)になり次第終了しますのであらかじめご了承ください。

001最新案内1020(PDF:413KB) 02最新案内1020(PDF:263KB)

流れ星

 

お知らせ

船員の方の新型コロナワクチン接種について

船員の方の新型コロナワクチン接種については、特有の勤務形態により、限られた期間内に住所地で2回の接種を終えることが難しい場合があります。

そのため住所地外接種が認められ、事前の届け出も不要とされています。

長期乗船前の接種等のため予約日の調整が必要な方は、健康増進課(0833-41-1234)までご相談ください。

接種券の発送について

  • 令和3年3月29日に令和3年度中に65歳以上になる方の接種券を発送しました。
  • 令和3年6月18日に令和3年度中に60~64歳になる方の接種券を発送しました。
  • 令和3年6月23日に令和3年度中に40~59歳になる方の接種券を発送しました。
  • 令和3年6月25日に令和3年度中に13~39歳になる方の接種券を発送しました。
  • 令和3年7月5日に令和3年度中に12歳になる方で、4月~6月生まれの方の接種券を発送しました。
  • 令和3年8月2日に令和3年度中に12歳になる方で、7月生まれの方の接種券を発送しました。
  • 令和3年9月1日に令和3年度中に12歳になる方で、8月生まれの方の接種券を発送しました。
  • 令和3年10月1日に令和3年度中に12歳になる方で、9月生まれの方の接種券を発送しました。 

※満12歳の方の接種券につきましては、誕生月の翌月上旬に発送します。

会場での新型コロナウイルス感染症感染防止対策について

 接種当日に明らかに発熱している方や、予防接種を受けることが不適当な状態にある方は接種を中止し、改めて接種予約を行っていただきます。市民の皆様には、感染の拡大防止に向け、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

 目次

  各種申請について

 やむを得ない理由があり、下松市で接種を受ける場合

 

下松市に住民票があり、市外での接種を希望される場合

接種を行う会場や医療機関のある、市区町村の担当部署にお問い合わせください。

 

接種券を紛失・滅失・破損等した場合、転送を希望される場合

下松市に転入された方で、下松市の接種券の発行を受けられていない方は下記のページをご確認ください

 

市外へ転出される場合

【下松市の接種券を受け取っている方】

転入先で新型コロナワクチンの接種を受ける際は、転入先の市区町村が発行する接種券が必要です。転入手続き時に、下松市の接種券をお持ちになり、新たに接種券を受け取る手続きを行ってください。それまでは、接種券はなくさずに大切に保管してください。

詳細は、転入先の市区町村担当部署にお問い合わせください。

【下松市の接種券を受け取っていない方】

転入先の市区町村担当部署にお問い合わせください。

 

下松市に転入された場合

転入前の市区町村で発行された接種券は、下松市では利用できません。下松市の接種券の発行手続きが終わるまでは、無くさずに大切に保管してください。

 

 予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

  • 詳しくはこちらからご確認ください。

 

新型コロナワクチン接種の流れについて

ワクチン接種を受けるまでの流れは下記のとおりです。 

 なお、ワクチンの接種は強制ではありません。ワクチンの接種による感染症予防の効果や副反応の発生リスク等を十分理解したうえで、自分の意志で接種を受けるか否かを選択することができます。

接種費用については無料です。

※医療機関により流れが異なります

 

1.接種券が届く

市から、接種を受けるために必要な接種券、および接種に関わる案内等を郵送します。下松市の発送時期は上記のとおりです。

 接種券を紛失された方や下松市に転入された方で、下松市の接種券をお持ちでない方は再発行の申請を行ってください。

予診票を記入する

予診票は事前にご自宅等で記入して医療機関へお持ちください。

 

2.接種予約をする

接種を希望される方は、各医療機関にて直接ご予約ください。

※その他の予防接種と同時に接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、2週間以上の間隔を開けた後に接種してください。

 

3.接種する

1.受付

接種券・予診票の内容確認と本人確認、検温を行います。

※接種券と本人確認書類(健康保険証・運転免許証・マイナンバーカードなど)をお持ちでない方はワクチン接種できませんのでご注意ください。当日は必ず接種券と本人確認書類をお持ちください。

2.予診・接種

受付後、医師による問診、及び看護師によるワクチン接種を行います。接種は肩へ行いますので、あらかじめ肩を出しやすい服装でお越しください。

※健康手帳やお薬手帳をお持ちいただくと、問診での確認がスムーズです。

3.経過観察を行う

15~30分程度お待ちいただき、帰宅目安時間になりましたら終了になります。 

4.接種済証の交付

接種後、ワクチン接種済証が交付されます。

※新型コロナワクチン専門相談ダイヤルが開設されています。副反応等でご不安のある方は下記へご相談ください。

 

県相談窓口(PDF:153KB) くだまる

  

 

新型コロナウイルスワクチン相談窓口

相談内容 相談窓口 連絡先
一般的な問い合わせ
(接種時期・場所 等)

下松市健康増進課 

【電話番号】0833-41-1234
【受付時間】8:30~17:15
(土日・祝日は除く)
専門的な問い合わせ
(副反応、有効性、安全性 等)

山口県ワクチン接種
専門相談センター(外部サイトへリンク)

【電話番号】083-902-2277
【受付時間】24時間対応
制度に関する問い合わせ
(施策、在り方 等)

新型コロナワクチンコールセンター(外部サイトへリンク)

(厚生労働省)

【電話番号】0120-761770
【受付時間】9:00~21:00
(土日・祝日も実施)

副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 

現在の救済制度(外部サイトへリンク)の内容

ぺこり

接種に関するQ&A

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康増進課 

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ファックス番号:0833-44-2304

ページの先頭へ戻る