ホーム > 子育て・教育 > 助成・相談 > 不妊・不育症治療費助成事業 > 不育症治療費の助成を受けるには

ここから本文です。

更新日:2021年6月25日

不育症治療費の助成を受けるには

助成を受けることができるのは1年度につき、1回です。

不育症治療が修了した日の属する年度の末日までに申請を行ってください。

申請に必要なもの

夫婦それぞれの印鑑をお持ちのうえ、次の書類を下松市健康増進課窓口に提出してください。

申請書(PDF:90KB)

夫婦それぞれの記名が必要です。

口座情報は間違いのないよう記入してください。

医療機関証明書(PDF:93KB) 治療を受ける医療機関に提出し、医師に記入を依頼してください。
調剤証明書(PDF:60KB) 不育症治療にかかる投薬を受け、その費用の助成を受けようとするときは、薬局に提出し、薬剤師に記入を依頼してください。

法律上の夫婦であることを

証明する書類

続柄が記載された住民票(世帯票)

単身赴任等で夫婦のいずれかが市内に住民票がない場合は、夫婦それぞれの住民票と戸籍謄本が必要です。

医療機関(薬局)が発行した

領収書

助成を受けようとする治療費等にかかる領収書の原本を添付してください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康増進課

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ページの先頭へ戻る