ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 熱中症を予防しましょう!!

ここから本文です。

更新日:2021年6月30日

熱中症を予防しましょう!!

 熱中症の発生は、7月~8月がピークになります。熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

熱中症警戒アラートについて

 「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼び  かけ、 熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。ぜひ、ご利用ください。

  熱中症警戒アラートリーフレット (PDF:1,541KB)

熱中症予防行動について

 新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は一人一人が感染防止の3つの基本である【1】身体的距離の確保 【2】マスクの着用【3】手洗いや、「3つの密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 このように、昨年度に引き続き、熱中症に気を付けることが重要です。十分な感染対策を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛ける必要があります。

 

 熱中症予防行動について、環境省と厚生労働省作成した資料をご活用ください。

   熱中症予防行動リーフレット【令和2年5月】(PDF:720KB)

   熱中症予防行動の留意点について【令和2年5月】(PDF:114KB)

   熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!【令和3年6月】(PDF:616KB)

   災害時の熱中症予防【令和3年6月】(PDF:1,043KB)

 

 環境省や厚生労働省、スポーツ庁の関連ページもご活用ください。

   環境省 熱中症予防サイト(外部サイトへリンク)

   厚生労働省 熱中症関連情報(外部サイトへリンク)

   スポーツ庁 スポーツ・運動の留意点と運動事例について(外部サイトへリンク)

熱中症とは?

●高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスがくずれたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害が起こります。

●気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調がよくない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが組み合わさることにより、熱中症の発生が高まります。

●屋外で活動しているときだけでなく、就寝中など室内で熱中症を発症することもあります。

熱中症の予防法

 熱中症予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

水分・塩分の補給

  • のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給を

 

体調に合わせた取り組み

  • こまめな体温測定
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却

 

熱中症になりにくい室内環境

  • 扇風機やエアコンを使った温度調整
  • 室温が上がりにくい環境の確保(こまめな喚気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
  • こまめな室温確認

外出時の準備

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

 

  

熱中症が疑われる人をみかけたら・・・

 1 涼しい場所に避難させる

 2 衣服を脱がせ、体を冷やす

 3 水分・塩分を補給する

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康増進課保健予防係

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ファックス番号:0833-44-2304

ページの先頭へ戻る